薩摩キスナビ

同じ場所でも日によって違うことを改めて実感した。

5月21日()小野浜に釣行した。

風来坊・オリム名人らとリョウさんそして私の4名での釣行だ。

今日の潮周りは悪かった。

午前4時前が満潮

私は旧暦方式の「潮汐」はそんなに気にしないが上げ・下げの時間帯は気にする方だ。

小野浜の今の時期に釣れる潮周りは上げ潮

上げ潮2時間前から満潮を境に下げに入って4時間位が私の好む釣りタイム

自分流方程式に当てはめてみるとこの日の釣りパターンは午前2時から午前8時までになるが午前2時から夜が明ける午前5時位まではムリ←真っ暗な中で釣る気にならん

そうすると事実上午前5時から8時までの3時間が釣り時間となる。

厳しいサイクルだな~」と思いながらなるべく長く竿を出せるように早めに出発して夜明け前に現地に着き明るくなるのを待った。

大体こんな調子で活動するのでそれ程苦になることではない。

薄明るくなるのを待って浜に出るとはるか彼方にかすかな影として見える「久多島」周辺が異様に明るい。

どこぞの国の工作船」か?(笑)

CIMG1705.jpg

事実、旧い昔に地元の方々も不審に思う明かりがこの島周辺で目撃されている。

そんなことを思いながら「2匹目のドジョウ」を狙ってこの前の場所に直行すると以前とは違ったゴミの堆積の仕方

少しの間に違うもんなんだな~」と今更ながら思った。

CIMG1703.jpg

こういう小さな経験則の積み重ねが判断基準の物差しとなって自分なりの釣り場を見る目が出来てくる。

薄明かりの中で竿のジョイントをようやく揃えリールをセットして投げてみると1投目から波口で小さなアタリを連続でとらえる。

巻き上げてみると小キス

今日の目標は燻製サイズ(18㎝以上)を最低6匹キープしてこの前の分と合わせて20匹にすることだ。

何とかなるだろう」とタカをくくっていたが2投目3投目4投目全部小キスの連

現実はそんなに甘くなさそうだ。

モタモタして釣っている間に1時間以上過ぎてしまい6時過ぎ位だったか?風来坊・リョウさんらが来られたので竿を並べて改めて仕切り直し

自分的には後2時間の勝負 8時が過ぎたら期待が持てない。

8時以降は場所替えするしかないと思っていた。

何投目だったか・・・・・・

ようやく良型のアタリをゲットし釣り上げることができたのは8時前位だったかもしれない。

CIMG1708.jpg

燻製サイズを何匹かはGETできたが思うに任せず端から端まで動き回りながらもクサフグが邪魔して穴場も見つけられず風来坊さんを残してリョウさんと2人天神ゲ尾に転進

ちなみに竿を365に変えてから移動の動きがものすごく楽になった気がする。

オリムさんは早々と小野浜に見切りをつけキャンプ場裏から京田まで大きく動かれたが思わしくなかったようで天神ケ尾で再合流

しかし、ここいら一帯もかんばしくなく二潟までさぐって回りようやくキスの居る場所を見つけ3名でそこそこの釣果をを得て帰路についた。

しかし、3名一緒ではあったが行動サイクルは3名3様

最後まで粘ってさぐりまわっていたオリムさんが一番良型をGetされていた。←画像を撮ればよかったと後で後悔

さすがの一言

やはり我々とは一味違うのだ~

風来坊さんは最後まで小野浜で奮闘し小キスに泣かされたようだ。

さすがの名人も良型を引きよせる魔法のテクニックはなかったようで・・・・

同じ場所でもこの前いい思いをしたから今度もとはいかないもんでごわす。

でもでもマタマタ懲りずに行こう。

中毒かも・・・・(笑)

最近リョウさんも小物を増やしたり下見に余念がなく熱心

その内に追い越される。

CIMG1710.jpg

それはそうと燻製サイズ6匹はKeepできたので温燻の段取りをしなくっちゃ・・・・

釣り仲間で釣ったキスの料理は風来坊・オリムさん両名が抜群に上手い。

私は何時も彼らの真似をしながらやっている。

私の場合キスを釣る部分については彼らと差別化できるところがない。

一般的なキス料理についても格違い。

そうすると彼らと差別化できる独自資源となるべき差別化分野は「燻製」だ。

キスを釣りそれを燻製する薩摩釣遊」としてこの部分に特化し研さんを重ねよう。

そしてこの分野で名人各位との差別化を図ろうともくろんでいる。

キス釣りはそこそこ でも釣ったキスの燻製の味は抜群」と言わしめるそこがおいらの立ち位置

精進の道のりはながい。

これがおいらの趣味に対するマーケッティングと戦略だ~(笑)



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ


関連記事
2017.05.22|コメント(7)トラックバック(-)Edit

一通り天日干しを終えた。

昨日(5月17日)燻製のために段取りしたキスの背開きを取り入れた。

5月17日の記事はこちら温燻するための下準備

昨日と昨晩から今日の朝(5月18日)にかけて天気が良かったので早く仕上がった。

少し水分が残って柔らかめだが、温燻する際には80℃前後までの温度の中で1.5~2時間は煙に当てるのでその際身に残った水分が更に抜け、あまりカチカチに天日干しすると最終的な仕上がりが固くなりすぎると思ったからだ。

14匹段取り出来たので、次の釣行では少なくとも6匹位は良型をゲットしたい。

何とかなりそうな気もするが・・・・・・

ま~

多ければ多いだけそれに沿って処理するつもりなので気軽にやろうと思う。

CIMG1683.jpg

CIMG1690.jpg

CIMG1692.jpg

とりあえずはタッパーにでも入れて冷凍しておく。



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ

関連記事
タグキーワード
2017.05.18|コメント(0)トラックバック(-)Edit

温燻するための下準備

昨日(5月16日)釣行した。

日曜日に野暮用があって釣行できなかったし燻製材料もゲットしたかった。

現場につくとサーフ一面ゴミだらけ

その上波口あたりはゴミが浮遊しており雰囲気的には厳しい感じがしたが思いのほか海の中はそうでもなくストレス無くさびくことが出来た。

CIMG1620.jpg

CIMG1634.jpg

翌朝(5月17日)釣果の中から燻製に耐えられそうな型を選んで(14匹)フライ式にさばきソミュール液を作ってそれに30分漬け込み現在天日干し中

CIMG1660.jpg

今回はソミュール液を作る際にローリエ(月桂樹)の葉を加えて煮沸してみたがなかなか爽やかないい香りがする。

CIMG1670.jpg

CIMG1667.jpg

良型1

CIMG1674.jpg

CIMG1680.jpg

以前一匹燻製を試みそれを食べてみた感想として骨が邪魔だったので今回はフライ式にした。

一匹燻製の記事はこちらキスの一匹温燻

温燻したキスを食べてみた感想記事はこちら温燻したキスを食べてみた

手頃な所で取り入れて燻製してみる。

今度も温燻

今回は14匹しか用意できなかったので最低20匹は揃えたいと思っている。

後日の釣行で帳尻を合わそうと思う。



【追伸】

釣行場所は小野浜だったが5月23日()は例年のごとく松食虫防除の日だそうだ。

早朝の釣行は避けた方がよさそう。

CIMG1615.jpg

そうそう忘れるところだった。

小野浜は「ブヨ」らしき虫がまとわりついて手に負えない。

噛まれて赤く腫れあがり痒いの何のと・・・・・

行く際には「虫よけスプレー」のたぐいの物が必要

ちなみに、5月16日から既に3日目(19日)現在、いまだもって噛まれた後が残り痒い。

かゆい画像

そこで次の釣行に備えてこれを買ってきた。

CIMG1700.jpg

それなりに準備をしないとえらい目にあいますよ。



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ


関連記事
タグキーワード
2017.05.17|コメント(2)トラックバック(-)Edit
Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます