今年初めての連掛け - 薩摩キスナビ

今年初めての連掛け

去年の年末から今年にかけて冬場のキス(越冬キス)釣りを体験してみた。

長いことキスの数釣りをやっているが周年狙ったのは今回が初めて

そんな中で12月と1月はまずまずの釣果

厳寒期の3ヶ月釣果情報

2016年12月の釣果記事
風裏
寒キス
数は少なかったが・・・・
12月30日納竿



2月と3月中旬「3/11()」までの釣果はさっぱりダメ

超貧果に終わっている。←「超貧果」は私の造語(笑)

2月は特に季節風が強く海の時化日も度々あり体感的にもきつかった。

釣れても数匹・0釣果のことも数回あった。

しかし、3月の半ばともなると晴天の日など日差しも柔らかくなり暑さを感じるほど

昨日「3/11()」がそうだった。

日中は汗ばむ。

2月3月初旬には見られなかった小魚が盛んに動いているのが目視できた。

キスも「冬場はジーッとていたからお腹もすいた。さ~今から餌を見つけに動き回るぞ~」といったところか?

アタリは小さいものの季節の移ろいにリンクしているかのように2回2連が続けてあった。

釣果は続けて2連が2回と1匹が1回合計5匹

CIMG1066.jpg

CIMG1064.jpg

CIMG1068.jpg

自分のブログの書き込みを遡って見てみると昨年の4月3日の記事ではその頃にはSURFから釣れだしている。

2016年4/3の記事はこちらサーフから釣れだした

今年は「3/20春分の日」位からサーフに出てみようと思っている。

釣ったキスは何時もの通りフライにして燻製酢醤油で食べた。

燻製醤油の記事はこちら魔法の調味料

当然美味・・・・・(笑)

チップの香りと甘酸っぱい酢醤油がコロモにしみ込み柔らかくサクッとした歯触りと食感はいける。

CIMG1072.jpg

CIMG1076.jpg

しかし、最近半端にしか釣れないことも手伝って立て続けにフライ・フライ・フライ

次からは真空にしてストックし、気の向いたときに取りだしてフライにして食べるようにしてみたい。

真空パックして冷凍したら冷凍焼けしないそうな!

1回分づつ小分けにして真空冷凍し、そのたびに解凍して食べるように工夫したらいい。

また数が出るようになったらミリン干し燻製真空パック友達行きの流れを開始しなくっちゃ・・・・・

イワナ等の一匹物の燻製をネットで見たことがあるが、そのイメージでキスの一匹物の燻製と真空パックも試みてみたい。

18~20㎝前後のキスを(熱燻・温燻)にして数匹づつ真空パックする←こんなイメージ

今まで燻製も「熱燻」だけだったが「温燻」も試してみよう。

キスの燻製」でネット検索したら情報・動画などいくらでも出て来るが温燻・熱燻に分けての燻製情報は出てこない。

キスを温燻・熱燻に分けて作りその情報公開するのはレアな情報になりそうだ。

熱燻」と「温燻」の違いも体験したいし・・・・

やってなんぼ」だ。


あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ

タグキーワード
2017.03.12|コメント(2)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

うんん

確実に釣果が上がっている?
でも、釣遊氏をしてこの釣果では。

昨日は昼からキス生息調査に行こうと思ったのですが
行かなくて正解?
でも?行かないと分からないことも多いですよね。

2017-03-12 08:53 from 無責任な釣師

無責任さん お疲れ様です。

> 確実に釣果が上がっている?
> でも、釣遊氏をしてこの釣果では。
>
> 昨日は昼からキス生息調査に行こうと思ったのですが
> 行かなくて正解?
> でも?行かないと分からないことも多いですよね。

来年につなげる情報収集のためにダメ元で頑張っています(笑)

次はサーフに行きます。
少し早いかもしれませんが3月20日が春分の日ですからこの日を一つのキワという感じで行ってみます。

これもダメ元です。
去年は4月3日に釣果を得ていますものね~

2017-03-12 09:17 from 薩摩釣遊

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます