春を食う。 - 薩摩キスナビ

春を食う。

4:月14日()釣行した。



その他に目的が後1つあった。

それはキスを釣るのと併せてこの前に採取して佃煮にして食べて美味しかった「フキ」と新たに「ツワ」をとることだ。

今更ながら言うのも変だが鹿児島は自然いっぱいの土地柄

海に出るまでに野を超え山を越えの道すがらあらゆる植物の新緑に心を洗われ、至る所に咲いている満開の桜を楽しみながらの道中

人工的に作られたそれとは違った正に自然が作りだす造形美

田舎者だけが味わえる特権でもある。

この前たまたま「フキ」が芽を出しているのを人様の畑の土手で目撃し、そのふんわりとした淡い新緑の茎はいかにも柔らかく「美味そう」

ブッシュクラフトはやっていないが、少なからずそれらしきことにも興味を持っている薩摩釣遊である。

今日は帰りにこの前摘んだ残りを失敬して帰ろうと思いながら現場を過ぎる時にチラ見してとりあえず釣り場に急いだ。

目的地はこの前オリムさんが大活躍した「二潟の浜

昨年の今頃は小野浜で本格的にシーズンインと言えるくらいの釣果を得ている。

昨年の今頃の時期の釣果記事はこちらシーズンイン

それを考えると相当数の釣果が出てもおかしくない。

風向きは東

凪だ。

CIMG1233.jpg

フキ」と「ツワ」を採取する時間も確保しなければならないので、何時ものように長く釣るつもりもなく急いでタックルを組み立て投げてみた。

一投目から4色辺りで最初のアタリをget

友だにあげる約束もしていたので自分で食べる分も含めて「20匹位」Keepできたら納竿しようと決めてさびいてくるとキスとは違うアタリをキャッチ

?

巻き上げてみると「ホウボウ

CIMG1236.jpg

え~ホウボウ 今まで掛ったことがない魚なのに・・」と思いながらとりあえず掛かった本命をクーラーに収めて同じように投げてさびくと同じようにアタリをキャッチする。

揚げてみると同じくホウボウ

CIMG1238.jpg

何年か前にエソがよくかかってくるエソの当たり年があったが「今年はホウボウの当たり年かな~」等と思いながら取り急ぎ20匹位Keepしようと思い投げ返すがそんなに頻繁なアタリもキャッチできず、しまいにはキス網が入りだした。

CIMG1253.jpg

しかも岸ギリギリに入れてくるので、投げている私の方が退避して釣らなければならなくなり釣れないうえに退避に翻弄され結局はピンをリリースしてキープサイズが10匹位

CIMG1270.jpg

一頃とすると型が落ちてきたかな~」と思いながら先を急ぐので友達にあげる分をキープできたし自分の食べる分は次の機会にということで納竿した。

CIMG1247.jpg

しかし、フキを採取する場所のめぼしはついているのだが「さ~ツワはどこいら辺をウロウロしようか」と思案しながら何時も通らない道をあっちウロウロこっちウロウロしてやっとかき集めたのがこの画像

CIMG1259.jpg

CIMG1226.jpg

CIMG1274.jpg

この位あったらとりあえずはいいだろう」と思い帰路についのが午後1時位だっただろうか?

帰り着いてからも忙しかった。

キスを捌いて友達にあげる準備をし、フキの皮をむき湯がいて甘辛く煮つけて佃煮風に仕上げツワの皮を剥いてアクだしのために水につけるまでの作業して寝たのは午後11時過ぎ

CIMG1300.jpg CIMG1304.jpg
CIMG1306.jpg CIMG1280.jpgCIMG1285.jpg CIMG1308.jpg

これご飯のお伴にピッタシよ。癖になる(笑)

CIMG1314.jpg

その間には台湾の友達にもスカイップで連絡を取らなければならなかったし目まぐるしい目まぐるしい・・・・(笑)

ツワはアクが強いのでしっかりアク抜きをしようと思い夜が明けた4月15日の朝もまだ水の中

CIMG1289.jpg CIMG1292.jpg

指先や爪の中がアクで真っ黒になり当面は落ちそうにない。

CIMG1294.jpg CIMG1296.jpg

水をかえながらもう少ししてから煮ようと思っている。

ああ・・・・・忙しい

これからキスを友達に持って行ってあげなくっちゃ

このブログを見てくださっているあなた

忙しいから「またね~

ツワのアク抜きが終わってツワの佃煮が出来たらこのブログの続きにupします。

当分はこのパターンが続くかも・・・・・(笑)


【追伸】

【ツワをアク抜きして湯がいたその後・・・・・】

ツワとフキの湯がいた後を比べた場合ツワは煮崩れしないようだ。

フキは煮れば煮るわど柔らかくなり煮崩れする感じがある。

向かって左の画像が湯がいた後の画で右が湯がいた後更に味付けのために火を通した後の画だが結構長く火を通したにかかわらずどちらも煮崩れしていない。

原型をしっかり保っている。

また、生の時は独特の臭みがあったがこの段階では気にならない程の臭い


CIMG1315.jpg CIMG1322.jpg

また下の画像は向かって左が「フキ」で右側が「ツワ」だが見た目のように「フキ」の方が柔らかく口当たりもソフト

CIMG1330.jpg CIMG1327.jpg

どちらも美味しく仕上がってはいるものの残念ながら同じような味付けになってしまいこの点は今からの勉強課題となった。

また、色々調べていくうちに「フキの葉」も佃煮になるそうだ。


今まで知らずに茎だけを持ち帰り、葉は捨ててきていたが今からは持ち帰って工夫して料理することにする。

どちらも捨てがたい特徴のある山菜

今まで何でこの食材を軽んじていたのだろう」と反省

道端で拾うこの食材

あなたもいつも通る道端で探して調理して食べてごらんになったら・・・・・

道端に食材が自生しているって素晴らしくないですか。

うれしくなりません?
美味しいですよ。

調理の仕方はネット検索したらいくらでも出てきます。



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ

この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね。
      ↓

タグキーワード
2017.04.15|コメント(2)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

釣遊さん。お疲れさまです。

春の息吹。美味しいですよね。
子供の頃はキライでしたが30過ぎから大好物になりました。
次の釣行時はキスと、たらの芽の天ぷらを計画しています。天気が気になりますが…

2017-04-15 15:43 from オリムおやじ

オリムさん どもです。

> 春の息吹。美味しいですよね。
> 子供の頃はキライでしたが30過ぎから大好物になりました。
> 次の釣行時はキスと、たらの芽の天ぷらを計画しています。天気が気になりますが…

フキとツワの甘辛煮は美味かったです。
ご飯が進みます。

タラの芽の天ぷらもいいですよね。
昨年は吉利の例の浜の入り口にありましたよね。

オリムさんようにとっておきましょう。

天気がコロコロ変わりすぎです。
予定をたてづらく困ります。

2017-04-15 19:46 from 薩摩釣遊

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます