温燻するための下準備 - 薩摩キスナビ

温燻するための下準備

昨日(5月16日)釣行した。

日曜日に野暮用があって釣行できなかったし燻製材料もゲットしたかった。

現場につくとサーフ一面ゴミだらけ

その上波口あたりはゴミが浮遊しており雰囲気的には厳しい感じがしたが思いのほか海の中はそうでもなくストレス無くさびくことが出来た。

CIMG1620.jpg

CIMG1634.jpg

翌朝(5月17日)釣果の中から燻製に耐えられそうな型を選んで(14匹)フライ式にさばきソミュール液を作ってそれに30分漬け込み現在天日干し中

CIMG1660.jpg

今回はソミュール液を作る際にローリエ(月桂樹)の葉を加えて煮沸してみたがなかなか爽やかないい香りがする。

CIMG1670.jpg

CIMG1667.jpg

良型1

CIMG1674.jpg

CIMG1680.jpg

以前一匹燻製を試みそれを食べてみた感想として骨が邪魔だったので今回はフライ式にした。

一匹燻製の記事はこちらキスの一匹温燻

温燻したキスを食べてみた感想記事はこちら温燻したキスを食べてみた

手頃な所で取り入れて燻製してみる。

今度も温燻

今回は14匹しか用意できなかったので最低20匹は揃えたいと思っている。

後日の釣行で帳尻を合わそうと思う。



【追伸】

釣行場所は小野浜だったが5月23日()は例年のごとく松食虫防除の日だそうだ。

早朝の釣行は避けた方がよさそう。

CIMG1615.jpg

そうそう忘れるところだった。

小野浜は「ブヨ」らしき虫がまとわりついて手に負えない。

噛まれて赤く腫れあがり痒いの何のと・・・・・

行く際には「虫よけスプレー」のたぐいの物が必要

ちなみに、5月16日から既に3日目(19日)現在、いまだもって噛まれた後が残り痒い。

かゆい画像

そこで次の釣行に備えてこれを買ってきた。

CIMG1700.jpg

それなりに準備をしないとえらい目にあいますよ。



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ


タグキーワード
2017.05.17|コメント(2)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

燻製

最近、月桂樹入れたりかなり本格的に成ってますね。
今度、ごちになりたいです。

2017-05-17 17:21 from 無責任な釣師

無責任さん どもです。

> 最近、月桂樹入れたりかなり本格的に成ってますね。
> 今度、ごちになりたいです。

只今訓練中
作っている本人がその味を知りません(笑)

2017-05-17 18:39 from 薩摩釣遊

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます