キスの燻製ついでにこれにも挑戦 - 薩摩キスナビ

キスの燻製ついでにこれにも挑戦

それは「燻玉」(燻製タマゴのこと)

燻製の市販本にはどれにも取り上げられているオーソドックスな一品

せっかく燻製をするのだからこれも含めてやってみない手はない。

只今段取り中
作り方はネットで調べてその通り真似ればいい。

学ぶ」は「真似る」からとはどこぞのビジネス書に書いてあったような・・・・・・

美味かったら誰にも食べさせん!(笑)

ダメ元
やってみて新たな発見があったらめっけもの

気にいらなかったらお抱え「毒味役」に回す予定
ヾ(@^∇^@)ノ ワハハハ

燻タマ」を作る時は市販本によく掲載されている「燻製ウインナー」「燻製ちくわ」にもチャレンジしてみようと思う。

どんな味に変身してくれるのかこれもまた楽しみだ。

本屋で市販本を覗いてみると「え~こんなものも燻製できるの? 燻製していいの?」と思わせる位に燻製できるものの数の多さと種類にはビックリさせられる。

これはこれで奥の深い分野なのかもしれない。

CIMG2714.jpg

タレに漬け込んだ後少しの時間(2~3時間)天日干しして水分を飛ばすそうだ。

そして燻製時には燻製器の上蓋の裏側にキッチンペーパーを敷いて燻製時に出る水分を更に吸い取らせるのがコツだそうで・・・

何かにつけて出番のある「干しかご

CIMG2719.jpg



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ

2017.09.01|コメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます