入れ食いに近かった。 - 薩摩キスナビ

入れ食いに近かった。

9/3()風来坊・オリム名人らと釣行

現地集合6時の約束だったが両名が何時も仕入れるエサ屋さんの開店が一定していないようで彼らは何時もそれに翻弄されているようだ。

今日も6時の約束の時間には来ていなかったので「恐らく・・・・」と思って先に釣座に向かうことにした。

何時だったか? 店の前で開店を待っているのにいつまでも開けないので風来坊さんがしびれを切らし「ごりゃ~早く開けんしゃい! なんばしょっとかね~」とシャッターをドンドンバンバン叩いたり携帯で「朝一から厚化粧して店に立たんでよかばい。口紅もつけんでよか~ サッサと出てきんしゃい」と呼び出したり朝一から威勢のいいバトルがあったこともあるらしい(笑)

そんな珍事があってから店のおばちゃんが御愛想をふりまくようになりにこにこ微笑みながらドバッとおまけをしてくれるようになったそうな・・・・・

しかしそのおまけには目に見えない「呪いの呪縛」が・・おまけがドバッとあった時には決まって貧果(笑)

ああ・・・・恐ろしや  呪いのおまけ」

その呪縛を恐れた名人風来坊さんはおまけを断りチャントお金を払ってドバッと買ってくるようになったそうで・・(笑)

ところで今日はどうだか知らないがいずれにしても来ることは間違いないので先に行って釣ることにした。

前日にリョウさんが釣行され好釣果だったらしく「11時位まで釣って70数匹でした。でも切れ藻が掛かってきてやりづらかったです」と教えてくださっていたので予備知識はあった。

さ~どこに構えたものか」と思案しながらも取りあえずは投げながら様子を見てみることにした。

適当なところにボックスを降ろしタックルを組み立て仕掛けを付け投げること4色付近

100m+力糸から75m付近無事通過・75mから50m付近まで無事通過・50mから30m付近に差し掛かるとグンと重たくなった。仕掛けを回収してみるとご覧の通り・・・

CIMG2765_20170905074739983.jpg 
ここいら辺から藻だな」と気づいた後は考えることは二通り

1つは藻のないところを探しながら釣る。

後1つは藻のないエリアで掛けて後は強制的に巻き上げて撤収

そこで取りあえずは藻のなさそうなところを探すことにして移動

少し移動しただけで運よく藻のないエリアを見つけられ、とりあえずはそこで投げて釣ることにした。

同じく4色付近に投げ込み仕掛けを張ると何と何とその時点で満点に当たったようなアタリを拾うじゃござんせんか!

こりゃ~今日は入れ食いモードだな」と思いながら巻き上げてみると小・中型が6点針に5連

CIMG2766.jpg 
同じ要領で投げてサビくと連掛連発

食い上げも激しい。

CIMG2775.jpg 
友達にミリン干しキスをあげるよ」と約束していたのでとりあえずの今日の目標は30~50匹のつもりだったがこの調子だったら瞬く間にKeepできそうな予感だ。

下をうつむいてモソモソしていたので気づかなかったがいつの間にかオリム名人が私の左50m位離れた所に陣取っておられた。

様子見がてら近づいて挨拶すると藻が邪魔するらしい。 「じゃ こっちがいいですよ。藻もないし・・・・」と合流

そうこうしている所に別の場所で釣っていた風来坊さんも藻で悩まされていたらしく同じ場所に合流して投げるが3人三様の釣り方でいずれも入れ食いモード

CIMG2770.jpg 
しかしそれは何時迄もは続かなかった。切れ藻が流れてきて仕掛けに絡み始めたのだ。

その時点ですでに50匹以上はKeepしていたので私は納竿して風来坊さんが新調した16ℓ6面真空ボックスにドカッと座り彼が釣るのを眺めながらブラックジョークを飛ばしていたが腰を上げ名人二人をしり目に帰路についたのは11時位だったか・・・・・

CIMG2788.jpg 
この名人二人はこの位でひっこむはずがないのはわかり切っているので最近はトットと尻尾を巻いて退散することにしている私である。

そしてやはりそうだった。

自宅に帰りつき道具を洗いまったりモードでコーヒーを飲んでいる所に風来坊さんから架電

興奮気味のうわづった声で「18~20㎝の良型が入れ食い~~~」とのたまう。

最初からわかっていた。必ず釣れるポイントを探し当てクーラーいっぱい釣るまでは帰らないことを・・・・・

何処で・・・ふ~ん 釣りまくって帰ってよ」とそっけなく答えはしたものの「密かにこっそり1人で行って釣るわ」とずるく斜め目線でもくろむわたくしめであった(笑)

その後、別の用事で電話した時も釣った本人も相当刺激的な釣れ方だったらしく今だもって興奮さめやらぬ上ずった声でその時の様子を再現して話してくれたところをみると相当だったのだろう。

それもこれも彼らの努力が導き出した答えだ。 好きだからやれること・・・・私は病的  彼らは病気(笑)

オリム名人等は釣ったキスを捌いたあとの干しカゴが足りなくなって網戸ををはずしてそれをかぶせ干したという逸話をもっているくらいにすさまじい。

奥方からにらまれて大変らしいが海でキスとバトルを繰り広げ家に帰ったら別のバトルが待っている名人たちである。

キス釣りをしたかったら吹上浜でこの2人をつかまえて指導を仰いでおくんなさいまし(笑)

貴方の「キス釣りlifeが一段と楽しくなること請け合いですよ。



【編集後記】

釣ったキスを捌いたのは翌日

いっぺんに処理する能力に乏しいので20匹ずつ小さなポリ袋に入れて小分けし一袋処理し終わったら「ひと休し」の繰り返しで処理していった。

朝の5時過ぎに初めて一通り終わったのは何と・・・・11時

80匹位のキスを捌いてタレに漬け干し終わるまでの時間だ。1日の4分の1をこれに費やしたことになる(笑)

これを趣味としている以上仕方ない。

旧い過去は気楽だった。

過去には「投げ名人」という18ℓのボックスに一杯になるまで帰らなかった。

今以上に釣れやすかったし釣れた。 5月の連休前後には束釣りが普通だったのが昨今では厳しい環境変化が起こっている。

そんな中で釣りからの帰りに従妹・友達・知り合いの家によりそのまま渡して帰ってこれた。

しかし何時の頃からか嫌われるようになり今度は捌いてパン粉をつけタッパに入れ「売り物」になる位に丁寧に仕上げて貰ってもらうようなスタイルに変わって現在に至っている。

キスを調理し出したのはここ数年の事だがミリン干しも作って持って行って貰うスタイル

面倒な作業だが「この中に楽しみを見つけるようにしないと長続きしない」と思って燻製も始めた。

やってみるとこれはこれで奥深さがあるし楽しい。

釣りの一環として精進しようと思う。
そんなわけで釣ったキスは只今天日干し中

CIMG2790.jpg

ここ数日天気が悪いので上手く乾くかどうか・・・・

正確には麺つゆにつけて味付けした「ミリン干し風天日干し」だが「お腹を壊しても文句は言わない」と一筆入れてもらってからあげることにする(笑)

さばいている間に再度「一匹燻製」も作ってみたくなった。

見た目のいい一匹燻製を作るには「天日干し」&「燻製」と段階を踏んでいくうちに徐々にちじんでいくのである程度のサイズが欲しい(18~20㎝以上を20~30匹程度

近々コッソリ行こう・・・・その場所へ(笑)

キスの一匹燻製の記事はこちらキスの一匹温燻

そして9月6日()に行って釣って来た一匹燻製サイズキス25匹

良型連発
必要分だけKeepできたらさっさと帰ってきた。

この位のペースだったら余裕でティータイムを楽しめる(笑)



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ

タグキーワード
2017.09.05|コメント(8)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

No title

お久しぶりです。土曜日は8:30から始めて、赤い藻に悩まされながら、49匹確保。昼前に、リョウさんが声をかけてくださったので、そのまま納竿して帰りました。もう少し、潮の高い内に始めるべきでした。

2017-09-05 13:01 from 秀麿

元気な御三方が羨ましい

夏風邪をひき8月は釣行してませんでした。御三方の元気の良さが羨ましいです。土曜日は不思議と釣り人は2〜3名しかいなく、左側で釣ってましたが、移動を繰り返すも、回収する度に藻が付いてきました。何処に投げてもスダがなく、魚影は濃いそうでしたが手返しが悪く、6時〜11時迄で78匹でした。帰りに右側で釣りをしていた秀麿さんに偶然お会いし、状況を伺いしました。浜全体に藻がある印象です。

2017-09-05 13:45 from リョウ | Edit

秀麿さん どもです。

> お久しぶりです。土曜日は8:30から始めて、赤い藻に悩まされながら、49匹確保。昼前に、リョウさんが声をかけてくださったので、そのまま納竿して帰りました。もう少し、潮の高い内に始めるべきでした。

私らが行った先も京田す。
右手は藻が多かったようです。

右手で釣っていた風来坊さんと合流して左手で釣りました。
左手も藻のある所がありましたが場所によっては全然なく入れ食い状態

しかし徐々に左手にも切れもが流れてきて仕掛けに絡みつくようになりましたが既に目標匹数はKeepしていましたので1人で帰ってきました。

後処理が下手くそで時間がかかりますのでそこそこKeepできたら打ち切りです(笑)

その後、風来坊・オリムさんらは場所替えしてその先で爆釣だったようです。
まだまだ今からですので近い内にご一緒しましょうね。

2017-09-05 13:57 from 薩摩釣遊

リョウさん 情報ありがとう

> 夏風邪をひき8月は釣行してませんでした。御三方の元気の良さが羨ましいです。土曜日は不思議と釣り人は2〜3名しかいなく、左側で釣ってましたが、移動を繰り返すも、回収する度に藻が付いてきました。何処に投げてもスダがなく、魚影は濃いそうでしたが手返しが悪く、6時〜11時迄で78匹でした。帰りに右側で釣りをしていた秀麿さんに偶然お会いし、状況を伺いしました。浜全体に藻がある印象です。

予習ができていたので助かりましたよ。
左手も場所によっては藻のないところがあってそこで釣ると入れ食いでした。

しかし11時前くらいには切れ藻が流れてきはじめやりずらくなったようですが私はその前に帰ってきました(笑)

2017-09-05 14:01 from 薩摩釣遊

風来坊さんの釣果にビックリ

土日は台風のうねりで大隅は釣り不可でした。
吹上浜もようやく爆釣モードみたいですね。
風来坊さんの釣果画像は脅威です。
私も良型20~30匹持って帰れたら十分です。
風来坊さんは自宅に自動魚捌き器でもあるのでは(笑)
そのうちに吹上浜にお邪魔しますが餌は少し持っていこう(笑)

2017-09-05 19:33 from NZ | Edit

NZさん お久です。

> 土日は台風のうねりで大隅は釣り不可でした。
> 吹上浜もようやく爆釣モードみたいですね。
> 風来坊さんの釣果画像は脅威です。
> 私も良型20~30匹持って帰れたら十分です。
> 風来坊さんは自宅に自動魚捌き器でもあるのでは(笑)
> そのうちに吹上浜にお邪魔しますが餌は少し持っていこう(笑)

釣りたいだけ釣れる場所じゃないですか(笑)
好きなだけ釣ってください。

私は自分の処理能力に合わせて釣ります。

2017-09-05 20:16 from 薩摩釣遊

加減するのは疲れます。

50匹の規制が発動されていたので数投したらハッと我にかえってしばらく休むを繰返していましたがこれは結構、精神的に疲れます。守れる訳がありません。
先週、先々週までの冷凍分を全てミリン干しにしたつもりでしたが まだジップロック数袋残っていたのが発見されたので帰宅後それをミリン干しに→今日の分を開いて冷凍庫にと泣きたいほど充実した週末でした。
ガレージの中で工場扇の風に揺れる干しかご3かごを見ると規制発動も無理は無いかと思います。
かごのサイズはLLです。遠慮容赦なく釣りたい!

2017-09-06 14:17 from オリムおやじ

オリムさん どもです。

> 50匹の規制が発動されていたので数投したらハッと我にかえってしばらく休むを繰返していましたがこれは結構、精神的に疲れます。守れる訳がありません。
> 先週、先々週までの冷凍分を全てミリン干しにしたつもりでしたが まだジップロック数袋残っていたのが発見されたので帰宅後それをミリン干しに→今日の分を開いて冷凍庫にと泣きたいほど充実した週末でした。
> ガレージの中で工場扇の風に揺れる干しかご3かごを見ると規制発動も無理は無いかと思います。
> かごのサイズはLLです。遠慮容赦なく釣りたい!


やり切った方がいいんじゃないですか(笑)
そのほうがストレスフリーでいいですよ。

その内に奥様も諦められるかもです。

この前の日曜日も良かったみたいですね。

実は今日行ってきましたよ。
一本ものの燻製を作りたかったので20~30位欲しかったもので・・・・

良型が必要分だけ釣れましたのでサッサと帰ってきました。

2017-09-06 14:42 from 薩摩釣遊

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます