十五夜にあわせて・・ - 薩摩キスナビ

十五夜にあわせて・・

9/29に台湾の友達から小包が届いた。

CIMG3016.jpg

台湾では中秋節に家族や親しい友人が集まり月を愛でて月に見立てた丸いお菓子(月餅)食べる風習がある。

よく「中秋節が近い」と口走っていたのでしっかり定着している文化のようだ。

現在は、中秋節には親しい人やお世話になっている人にこれを贈ることが盛んであるそうな

中国由来のものだが台湾では台湾独自に台湾式月餅文化が発展したようで・・・・

その月餅が送られてきた。

CIMG3024.jpg

味や見た目等色んな種類の月餅があるようで「ああでもない。こうでもない」と吟味しまくり送ってくれ3パック届いた。

他に手作り「ビーフン

CIMG3019.jpg

台湾内でどこでも手に入るビーフンではなく完全な手作りだそうだ。

そして1年前から予約してようやく手に入れたという知る人ぞ知る阿里山で採れた「ウーロン茶


阿里山

日の出・夕霞・雲海・鉄道・神木の「五大奇観」が有名 3・4月には桜が満開となり「桜の名所

その時期になると友達が行って画像を送ってくれるが何時見ても見事なものだ。

タイワンヒノキが多く自生しており、靖国神社の神門や東大寺大仏殿の垂木など、日本の多くの神社仏閣に阿里山のタイワンヒノキが使われている。

タイワンヒノキの画像はこちらタイワンヒノキ

阿里山森林鉄路は、海抜2500メートルの登山鉄道として有名でよくYouTubeでupされているので興味のある方は検索してご覧になったら如何


一握りにもみたないこの量で〇〇円(いいんかい!こんな高価なものを貰って・・・・


CIMG3022.jpg

このお茶は台湾人も中々口に出来ないから自分だけで飲んで・・・友達が栽培していて一年前から頼んでようやく手に入れた」とのこと

その他には「パソコンいじりながら摘んで・・・」と台湾駄菓子

CIMG3030.jpg

色々気を使わせてしまったようだが日本に居ながらにして異文化を楽しめるのは嬉しい。

駄菓子袋の裏表の文字や絵柄をしげしげと眺めながら「ふ~ん へ~」味を確かめながら「日本人好みの味だな~」等と・・・(笑)

一番「面白い」と思った商品が「とまとラーメン」なるインスタント商品

確かに台湾で出来ているのだが日本語混じりの商品があったこと

CIMG3049.jpg 

モロに日本語 
とまとラーメン」とな! あまり馴染みのないName どんな味なんでしょうね(笑)

以前台湾に行ったとき食べたもののほとんどが口に合ったのを思い出す。

これもいけるんじゃないの? と期待(笑)

過去に送ってもらったウーロン茶も美味しかった。

今度の分は又格別だろう。

ウーロン茶はかすかな甘みがある。何回かお湯を注ぐとチリチリに縮んだ葉っぱがきれいな1枚の葉に復元するのはすごい技術だと思って飲んだ。

日本人は緑茶の文化だがこれは体を冷やす。ウーロン茶は発酵させて作るので体を温める。人間の体のためにはウーロン茶がいい。

人間の免疫力は「体温」で左右されることは周知の事実(適正体温36.5~37度)  

体を冷やす飲み物よりも温める飲み物の方がいいことは自明の理

この荷物が届く前「日清のカップラーメンが私も子供も好きだ」と言っていたので一ケース送った。

こちらから送る加工したキスは旦那が友達と酒を飲む際のアテにするようで期待されている。

私がチョクチョクつまむし主人とその友達が食べるからすぐなくなる」と言うが私の処理能力が追いつかない。

無理をしない程度に頑張る(笑)

そして「お互い永い付き合いになるから気を使わないようにしようよ」とくぎをさした。

人付き合いは距離でもなければ面会の多少の問題でもない。

コミュニケーションの回数と深度であることを学ばされている。

そのコミュニケーションの手段はスカイップでもlineでもその他の手段でも色々ありのいい時代 メールのやり取りなどは国同士でも数秒でできる。

それを活用しない手はない。時代はすごいスピードで進歩しているわ!



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ

タグキーワード
2017.09.30|コメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます