意識しないで使っていましたが・・・ - 薩摩キスナビ

意識しないで使っていましたが・・・

投げ竿の長さは殆ど4.05ですね。
がま竿に確か4.0があったくらいで・・・

最近からですね!
3.65とか3.85の長さが出始めたのは・・・
と題して以前砂浜の形態について記事を書いたことがあります。

私のホームGROUNDは3.65・3.85の長さの竿で十分釣れる距離です。
頻繁に移動する釣だし機動性の高い道具のほうがいいのではと最近思っています。

砂浜の形態でキスの群れる場所が違うようですから大会に参加される方々は会場の砂浜の形態を研究してタックルを組みたてられるのも1つの方法だと思います。

過去の大会を拝見しても案外と近投で数をかせいで優勝されいおられる方もいらっしゃいますね。

考え方の問題ですが・・・・・

大遠投をして体力を消耗するより砂浜の形態を研究して中近に集中したほうが合理的かもしれません。

ところで3.65とか3.85の竿は4.05と比べて飛距離がどの位違うのですかね?
少しの長さの違いですが気分的にはだいぶ違うような気がします。

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

凪ぎの砂浜で100m前後で有れば短くても
要は自分の体力との兼ね合いかと・・・

人其々、様々ですが 私の場合
若かりし頃は キャスティングロッド使って遠投を
でも良く釣れたのは 100m以内でした i-229
最近は 自分の体力に合った楽な釣り方(投げ方)で
気楽に釣り味を楽しむようにしてます。

その昔? 阿波釣法が流行り出した頃
がま杯等の有名な大会は匹数勝負
中~近投で数多く釣れていたので
軟調でローシート 20号ほどの竿が持てはやされてました。

その当時の竿が未だ残ってるので 
PEの極細を使うと結構、飛距離が出そう
今年は 天秤も15~20号の軽めを使って
楽しもうと思ってます。

2012-01-14 13:25 from Kazu

Re: タイトルなし

> 凪ぎの砂浜で100m前後で有れば短くても
> 要は自分の体力との兼ね合いかと・・・
>
> 人其々、様々ですが 私の場合
> 若かりし頃は キャスティングロッド使って遠投を
> でも良く釣れたのは 100m以内でした i-229
> 最近は 自分の体力に合った楽な釣り方(投げ方)で
> 気楽に釣り味を楽しむようにしてます。
>
> その昔? 阿波釣法が流行り出した頃
> がま杯等の有名な大会は匹数勝負
> 中~近投で数多く釣れていたので
> 軟調でローシート 20号ほどの竿が持てはやされてました。
>
> その当時の竿が未だ残ってるので 
> PEの極細を使うと結構、飛距離が出そう
> 今年は 天秤も15~20号の軽めを使って
> 楽しもうと思ってます。


何時もコメント戴き有り難うございます。<(_ _)>

鹿児島の吹上浜も100m以内の釣果です。

中間型砂浜だからと思っていますが短い竿でも十分対応できる距離です。

ちなみに100m以上の距離で釣れることはめったにありません。

恐らくそちらの浜も中間型或いはそれに近い砂浜の形態ではと思います。

2012-01-14 18:08 from 薩摩釣遊

トラックバック
Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます