素人から名人に進化された方々の考案アイテム - 薩摩キスナビ

素人から名人に進化された方々の考案アイテム

この以前『キス釣りには欠かせないアイテム』として私が日常使っている錘をご紹介しました。

鉛ですからたまったら廊下が抜けるのではと心配になるほど重たくなります(苦笑)
ところで今回ご紹介するのはチット見慣れない錘です。

この錘の考案者は全国的に有名な某キス釣り名人が考案されたもので「知る人ぞ知る」といった代物です。
 

初心者の方々には珍しい形をしていますのでこの機会にご紹介します。
 

実はこの錘がもとでマニアや業者様らの努力で「ウッドシンカー」なる錘が考案され今じゃメジャーな錘えと変遷してきました。

御覧下さい。

矢印のついた画像 矢印のついた画像コメント入り2 

このような形になったきっかけと言いますか発想はそもそもキスは砂底を泳いでいません。
底から10㎝から20cm位の所を遊泳していると言われています。

仕掛けを底から浮かしてエサがキスの目にとまりやすい様にという工夫です。
錘が砂底を動き本体は木ですから浮いて立ちます。

その浮いた本体の先に仕掛けをつけて引きずるわけですから仕掛けも砂底から浮くわけです。

このような発想は出来上がりを見たらなるほどと思いますが0の状態からここまでイメージを作り形にするということは凡人には出来ないことです。

素晴らしいの一言に尽きます。

考案された名人に乾杯です。

今じゃこの錘をキッカケとして仕掛けを砂底から浮かす発想のもとにウッドシンカーとして別の形に進化しメジャーな錘として定着し競技大会などで良く使われています。

私が尊敬する社長のサイトで販売されている「バルサシンカー」と銘打った鉛も材料が違うだけで発想は一緒です。

次にご紹介するテンビン・鉛も優れものです。
一般的にこのような発想は生まれません。

皆さん!!
どうですか?

このような鉛を考えつきますか?

昼夜を問わず365日考え失敗し泪を流さないと考え付かない代物です。

そしてこれを形にし商品化してマニュアを初め皆様の支持を戴き認知されて初めていっぱしの商品です。
この商品は見事に達成しましたね。

その名は
次世代オモリ
『ROC』 

CIMG2230_convert_20110831192405.jpg  
 
CIMG2233_convert_20110831192459.jpg 

私が下手な説明をするより詳細は関連サイトのページで御覧下さい。
商品名『ROC』の所にリンクを張っておきます。

あ・・・・!!
そうそう決して回し者ではありません(笑)

これらの商品をピーアールしても私には何の金銭的メリットはありませんので誤解のないようにお願いします。

申し上げたいことはメーカーもさることながら一部のマニュアの方々のお蔭で道具が進歩してきているということその道に精通した方々は人物も立派で尊敬できる人たちが多いということです。

幾ら趣味とか遊びと言ってもそのような方々と接することのできる自分も幸せになれるということです。
私は趣味とか遊びと言ってもこのような気がしてなりません。

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます