名人敗退 - 薩摩キスナビ

名人敗退

さ~始まった!

つわもの達 

CIMG5552.jpg 
CIMG5654.jpg 
CIMG5664.jpg

見学でマークしたのはこの人

この世界で知らない人はいない。

横山武名人

永く某メーカーのインストラクターをやりめでたく卒業した後はあらゆる大会に出場しそうなめの実力派

恐らく一番安定した実力者
この大会の参加者19名全員の選手達も憧れているスターである。

しかも67歳になられたとか??

ズーットこの人だけをマークして見学していましたが・・・・・

さすがの名人もなれない浜に苦戦
昨日はあんなに釣れたのになんでかな~?

CIMG5567.jpg 
CIMG5585.jpg 
CIMG5562.jpg 
CIMG5564.jpg
CIMG5570.jpg 
CIMG5582.jpg 
CIMG5583.jpg
名人を見ていると仕掛けを変え・オモリの色を変え・サビキのスピードを変え・大きく場所を移動しありとあらゆる方法でキスにアプローチしています。

移動も端から端を動いていました。
追っかけるのが大変(笑)







その思いはキスに届かず・・・・

主催者側も数千匹釣れると予想していたみたいですが・・・

予想を大きく裏切って名人でさえも数百グラム止まり

CIMG5579.jpg 
CIMG5581.jpg 

この広い浜も釣れる場所が限定されて自然と選手が一箇所に集中します。

いよいよ検量
CIMG5649.jpg 
CIMG5647.jpg 
確か1600グラム位が最高だったような・・・

そして結果発表

CIMG5665.jpg 

そしてそして今年のチャンピオン候補たち

CIMG5656.jpg 

この中から2013年バトルカップのチャンピオンが誕生します。

結末は主催者のホームページで御覧下さい。

おなかが空いて最後までいませんでした(笑)
 
釣果が2匹・3匹の選手もいました。
恐らく主催者・各選手の予想を大きく裏切る厳しい戦いだったと思います。

私の感想
皆さんさすがに「つわもの」だけあってサビキにも緩急をつけ「ゆっくり・スピーディー」にサビいておられました。


場所の選定・投げる距離等さすがにベテラン達だと思いました。
しかし昨日の状況の時の吹上浜の見極めが足りなかったような気がします。

どういうことかと言うと・・・

中間型砂浜の吹上浜は釣れる距離が100m以内という事は既に皆さん知っておられ力んで遠投する人はいませんでしたが沿岸州の落ち込みの近辺で30秒・1分の待ち釣りをする人が少なかったということです。

この方法を偶然に感じ取った選手はいい型を連掛けしていました。

もちろん広い浜ですから沿岸州が良くわからないところもあります。
当然その場所は避けるべきです。

沿岸州が出来てなるべく深そうに見えるところがポイントだったような気がします。

その場所を選択できて沿岸州の落ち込み近辺で少しの間待ち釣りが出来たか否かが勝敗を分けたのではと思っています。


したがって選手によって釣果に物凄いむらが発生しました。


私どもは何回となくそのような失敗の経験をしてきています。
待ち釣りして束釣りの経験が結構あります。

そんな感想を持った大会でした。

やはり超ベテランでも初めての浜の攻略は難しいということのお手本だったと思います。

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます