釣針で釣果が左右される - 薩摩キスナビ

釣針で釣果が左右される

私がキス釣りをはじめた当初は地元の量販店には釣針・竿・固定テンビン等は置いてありませんでした。

あってもお粗末な遠投竿位でした。

そんな状況の中で一番最初に購入したのがメーカー不明の振り出し竿です。

釣針も 湘南キスというバラの針をようやく見つけて自分で巻いて使っていました。
湘南キス

軸の長い釣針でこの針でも良く釣れました。

その頃はキス釣りのための釣針が色々ある事も知りませんでした。


「湘南キス」で良く釣れましたのでこれでいいと思ってもいたのです。

年月が過ぎ、ある日ある時、釣りの現場である人物と知り合う機会がありました。

話しかけたらキス釣りが大好きな人物のようで、すぐ仲良くなり次ぎの釣行は一緒することを約束してわかれました。

県外から転勤してきた負けん気が強くキス釣りに物凄く熱心な人物です。

一緒に並んで釣ってみると確かに上手い。

私が釣れない時でも何処からか一匹でも掛けてきます。
その粘りと根性には脱帽でした。

何処が違うんだろう?

ポイントの選び方?サビキ方?仕掛け?腕の差?

疑問に思っている中でとりあえず仕掛けを見せてもらいました。
一番最初に目にしたのが針の違いです。

針の形から違います。
その針の名前も知りませんし今まで見たこともありません。

「この針は何と言うの?」

「へ~鹿児島には売ってないわ。見たことないもの・・・」
キスの釣針には色々種類がある事を知ったのはそのやり取りがきっかけです 。

最初の頃はその程度の知識しかありませんでした。

とりあえずネットで検索してそのキツネ針を購入して使ってみようと思って最初に行き着いたサイトがこちらでした。

今でもこの会社に注文
して買っています。

昨年、今年の針を結びましたが同じくこの会社からネット経由で買いました。

それをきっかけに色んな針を意識して使ってみましたが、さすがにどの針もいいとは思うものの取り立ててこれがいいと言えるほどの特徴を感じません。

そうして、釣り針は大きく二つに分かれることを知りました。

それは 「軸の長いつくの針」と「キツネ系のつくりの針」

「湘南キス」は軸の長いつくりの針の分類になります。

軸の長い釣り針とキツネ系のつくりの釣り針を交互に色々買い揃えて使っていくうちに・・・・・・

どうもキツネ系が掛りがいいと感じたのです。

実験していく中で袖針の掛りも悪くないと気づきました。

秋田袖
秋田袖
そう思ってから「キツネ系の針」ではなく「キツネ針」と「キツネ袖」をメインに使いはじめたのです。

今では使っている針は「秋田キツネ」と「秋田袖」だけです。
オーソドックスで安定した掛が体感できます。

新しく発売される針を見てもキツネ針の原型を模倣して造られたものが結構あるように感じます。 

今まで「秋田キツネ」の「3・4・5・6・7・8・9」号全部100本単位で試しましたが、趣味として楽しむにはそんなに小さなサイズの針は必要ありません。

今では「7・8」号をメインに使っています。


拙者の投げ釣り楽天市場店

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます