落ちキスのようなサイズがガンガン・・・・ - 薩摩キスナビ

落ちキスのようなサイズがガンガン・・・・

Mさんとある浜に釣行した。
今日もキス釣り日和

いつ来たか記憶も定かでないほど遠い昔は通っていたが、遠のいて久しく懐かしい浜だ。

一番のりして竿を継いでいると後を追うように海堀のお父さんがスタスタと軽快な足取りで元気においで候


キット海を愛する人はみんな元気なのだ~♪
その姿を見ているとほほえましくもあり、うらやましくもあり・・・・・

CIMG6829.jpg 
早起きして日の出とともに行動し、朝の新鮮な空気に包まれて海風に当たり砂浜の上を闊歩し汗を流す。

これらの行動が健康にとって悪いはずがない。

私はインドアとアウトドアのバランスを意識しながら生活サイクルを作っている。

基本は太陽のサイクルに合わせる事「日の出とともに起きて日の入りとともに寝る」

「おじん臭い」と思うことなかれ・・・

健康を保ちストレスを抱えなければ精神も健全に働く。

文字通り「健全な精神は健康な体に宿る」を地で行きたいと思っている一人である。

電気が発明されてから超便利になった反面、夜の活動機会が増え人間の生活サイクが狂ってきた。

しかし、太陽と伴に生きる生活は人間のDNAの中にしっかりと息づいている。
私の今の時期での活動はアウトドア中心

だって・・・・・
キス釣りは秋口から晩秋が一番おもろい時期でがんす(笑)

今日も期待しているぞ~(笑)

その思いで竿を組み立て早々に第一投・・・・・5色付近にちゃっぼん
一投してみて・・・んんんん~

「何か違うよな~うん!違うよ」「な~~~~~んか違う」

Mさんも同じ感触を持ったらしく同じことをおっしゃった。

おおお・・・「鱚キラーMr・M」さんも同じ感触だ。
鱚の天敵「鱚キラーMr・M」さんもそういうのだから間違いないね。

意見が一致して場所変え~~~~~

うふふふふふ・・・・
場所?

例の所・例のばしょ・・・・
そそくさと竿をたたんで移動

移動はいいが駐車場所について道具を積むとMさんは目的地にいちもくさん

おじちゃんは着いていけんがな~(泣)

瞬く間にいなくなったので私は一人ポンコツ車でノコノコと「刃傷松の廊下」を歌いながら後を追っかけるはめに・・・・

勅使下向の春弥生・・・いかに果たさん務めなん・・・身は供応の大役ぞ~」と鼻歌を歌いながら4回転位歌った後、現地に着くと「遅いぞ~はよ!来かい」顔でMさんは車から道具を下して待っていた。

合流して浜に出るとMさんの知り合いの方がすでに竿を出して釣っておられ「どんなあんばいですか~」と尋ねると「早朝はいい型が出たけどな~今は型が小さいわ」と言いながら20㎝サイズを見せてもらいその横で竿を出すことにして釣り座を構えた。

CIMG6842.jpg 
その場所は深みの溝が通っている所で2名が限界のようだ。←この場所もMさんか教えて貰ったのだ~

何回か投げてみたが釣り座が狭いこともあって釣果が今一・・・・小移動

この小移動が好釣果につながるとは私もMさんも予想していなかった。

そういえばSさんも来ているはずだがと思ってはるか遠くを眺めるとそれらしき人がいるいる。

Sさんと同行する時は大体釣り始める場所は決まっている。
そこいら辺に彼は陣取っている。

彼とも永く会っていない。
最近車を変えたようなので駐車場で車を見てもよくわからない。

今日はMさんと一緒だからそのうち会えるだろうと思い適当に場所を選択して二人で釣り座を構えた。

今日の満潮は午前10時頃

つたない経験ではこの浜は満潮前後に型が出たことが多いが、そんなコンナやらとチャンポン状態で思いを巡らせながら投げていると南蛮漬けサイズがよく釣れる。

前の浜よりず~~~~っとマシ・・・・釣れるもん!
二人で南蛮漬けをキープしながら冗談を飛ばして楽しんでいるとやはり起きた!

満潮前からの良型のアタリ現象・・・
18㎝から20㎝オーバーサイズの入れ食い状態

「ガツガツ・ゴツゴツ」
シンカーがフロート系だからモロに「脳震とうガツン」のアタリの連続

しまいにはMさんが8点針に20㎝級を7点掛けしてリールと竿がきしむ程の状態にまでなり、ようやく巻き上げる始末

CIMG6847.jpg 
CIMG6850.jpg 
思わず2人で手を添えて画像を撮った。

「すげ~これ落ち???まさか~まだ8月の終わりなのに・・・・」と二人でうれしい悲鳴

「この浜にしてよかったね~」が2人の率直な実感
夢中で釣っているとSさんか帰り支度でこちらに向かって歩いてくる。

「久々だね~元気にしてた?釣れた?」と尋ねて彼のクーラーボックスを覗くと良型がボックスいっぱい

彼も楽しい釣りができたようだ。

一時、近況を話しして彼は帰って行ったが、私ら二人は「釣れるうちに釣ろうよ」と話し釣り続けた。

ひとしきり「ガツン・がつん・ゴツン・が゛゛゛゛」のアタリを楽しみ夢中になって時のたつのも忘れていたが、潮が4分5分程度引きはじめると又南蛮漬けサイズの入れ食いに変わっていった。

その時点でエサも切れ始めたし、疲労もたまってきたので納竿することにした。

朝方のロスがたたりMさんも私も数はそれほど伸びなかったとはいえ十分な釣果を得、楽しい釣りができて最高の日だった。

Mさんの釣果は137匹

2014年8月31日 松木薗氏 

私の釣果は116匹

CIMG6854.jpg 

またまたMさんの勝ち~~~ 


いやいや
勝ち負け関係なしに楽しかったね~Mさん!!

今日も一緒に遊んで頂き謝謝

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます