日の出とともに竿を振り・・・・(笑) - 薩摩キスナビ

日の出とともに竿を振り・・・・(笑)

8月31日(日)にMさんと某浜に釣行して二人とも楽しい思いをした。
そこでこの思いを再度体感したく一人ひっそり釣行することにした。
9月2日(火)のことである。
その日の潮周りは朝から干潮

好きな潮周りではなかったが「ま~行ってみて竿を出さないと実際の所はわからんな~」等と都合よく解釈し(笑)この前の好釣果のような体感に期待を込めて早朝から出かけた。
 
CIMG6862.jpg

当然一番乗り
この浜で釣る時の釣り座はほとんど決まっている。

Sさんと同伴するときには何時もここからスタートする。
先般、Mさんからポイントを1つ教えて貰ったが今回はパス

今日はMさんオリジナルシンカーとテンビンをじっくり使わせてもらうつもりで来た。

以前に貰っていたのだがほとんどⅮ社のシンカーを使ってMさんシンカーは使わなかった。

特別理由はない。

Ⅾ社も世間にリリースする位だから考えぬいて作ったシンカーだろうし、適当に使いこまないとその良さがわからないだろうとの思いからである。

ようは使う順番が後回しになっただけのことだ。

釣り座につき早々に竿を組み立てMさんシンカー30号をセットして5色付近に投げてさびいてみた。 
 
丁度5色付近に沿岸州が出来てその手前がプール状になっているからだ。
このプールの中をさびいてみることにした。

サビキ始めて4色付近で小さな当りの連続

アタリ感度・さびき感の軽さはBerryGood

このシンカーは塩水の中では立つように作ってある。
実際、海水の中で試してみると立った。

海中でサビキを止めてほんの少しだけ引くと、頭の部分だけ傾き仕掛けをゆする効果があり誘いも簡単に出来る。

自立型シンカーの特徴と優位性かも知れない。

CIMG6868.jpg 
CIMG6872.jpg 
なるほどなるほど・・・・・上手く出来てるわ~

テンビンもMさん独自の発想で作られた代物で長めで細くてしなりがあり私のお気に入りの一つだ。

CIMG6871.jpg

上手に作ったもんだと感心しながら貰えてラッキーと一人でにやけ顔で投げてさびいていたが実際釣れるのは南蛮漬けサイズばっか・・・・ ( ;∀;)

「どうしたもんかい!!この前とは違うのかな~ 潮が動いたら状況が変わるかもな~今は潮が引いているし・・・・」等と思いを巡らせながら南蛮漬けを釣っていたが、潮がほんの少し動いた時点で状況が本当に変わった。

まだ上げ潮には間ある時間帯にかかわらず釣れだしたのだ。
例のサイズが・・・・・

「ワオ~やったぜベイベィー」

CIMG6875.jpg 
仕掛け交換・・・・・モトス3号に9号のキツネ針5点←普通こんなサイズの針は使わんだろう仕掛け・・・(笑)

この仕掛けを使っても食いがたっているのか?15㎝クラスのキスも飲み込んで釣れてくる。

「こんな大針よく呑み込むわ~」と感心したり呆れたりしながら型狙いで投げ返して釣った。
釣果の程は手頃
76匹
CIMG6876.jpg 
CIMG6880.jpg 
向かって左が南蛮漬けサイズ・右手の画像が15・18~22㎝サイズ

Mさんシンカーのアタリ感度も強烈・・・・病みつきになる(笑)

シンカーも色々使ってみたがMさんシンカーが誘いも掛けやすいし応用範囲が広い感じがした。

当分はとっかえひっかえしながら使うシンカーの中でメインはMさんシンカーになりそうな予感がした釣行日だった。

今日もいい思いをしたぞ~
誰でもそうだが、気ままに遊べる趣味があるっていいもんだな~

あなた!!
そう思いません?

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます