PEラインの構造は・・・ - 薩摩キスナビ

PEラインの構造は・・・

キス釣りで今じゃメジャーになった

PEライン

その構成は・・?

投げ糸の図2

一般的に200m巻きです。
25m単位で8色でマーキング(色分け)してあります。
25m.×8色=200m.

図1は力糸無しのPEラインです。
06・08・1.0・1.5号等の太さの糸が段階的にあります。

図2はそれが一体になっている糸です。

普通には08か1.0の太さの道糸で十分です。

この06・08・1.0号の糸に27号とか30号の鉛を直接結び付けて投げたら当然切れますので先糸として下の図のような「力糸」をつけて投げるわけです。

力糸の説明

道糸と力糸の結び方は以前の動画やらテキストで御案内しましたが再度掲載しますね!

私的には力糸の太さの選択は27号クラスの鉛負荷の竿であれば先の太さが5号程度・30号以上の鉛負荷の竿であれば6号位がいいのではと思っていますがどうでしょう~?

投げ釣りテキスト』より抜粋
http://surf.gear-lab.com/image2/7a-b.jpg

下記説明書きも同上

力糸と道糸の説明



そしてスイーベルと力糸の先端との結合方法は・・・・
スイーベルと力糸の結び方
を御覧下さい。

タグキーワード
コメント
非公開コメント

PEの力糸 高価でかないません・・・v-9
タングステンの重りとセット使い。。。で ”根掛り” う~ん熱(冷や汗)が出ますよv-12

2011-09-28 17:00 from 1701

トラックバック
Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます