あなたは砂ズリ派それとも・・・? - 薩摩キスナビ

あなたは砂ズリ派それとも・・・?

以前はテンビンの先には砂ズリをつけるのが一般的でした。 

矢印月画像  

サルカンの先に太目の糸を結びつけたり・・・・
今もそうですかね?(笑)

砂ズリ?

おっしゃる方はこちら・・・・

http://www.kami-chan.net/tsuri-yougo/220.html

皆さん色々工夫されていらっしゃるのかもしれません。
チョット工夫したものではこんなのもあります。

  番号1 番号2 番号3 
①の画像はテンビンのリングに装着するサルカンです。②の画像は全体の画像③の画像は先端部分の画像

肝心の砂ズリ部分は細いワイヤーで出来ています。
この工夫はワイヤーの弾性を利用しています。

投げた時にワイヤーが弓なりにわん曲しその先につている仕掛けがテンビンの足から遠く離れて飛び絡みにくいように工夫してあるわけです。

更にすごいのは仕掛けをつける先に浮力が出るように浮き玉をつけてあることです。

以前キスは海底から少し上の層を泳いでいると言いましたがこの浮力玉で仕掛けを浮かせキスの目線にエサを持っていくという考えです。

この発想と努力に心から敬意を表します。

使わせて頂きました。
結果は・・・・・

話をコロッと変えます(笑)

じゃ・・・
管理人はどうしているの?

結論

砂ズリは使いません(笑)

私はテンビンのリングに直接結び付けています。
要領はこんな感じです。

コメント入り画像 コメント入り画像2 

そしてモトスの弾性で仕掛けが絡まないようにしています。
これで不自由とか不満を感じたことはありません。

皆様はどうされていますか?

コメント
非公開コメント

私も直結派です・・・出来ればスナップ・サルカンも使用しない方が絡みが少ないですし、魚信伝達のロスも少ない様に思います。

2011-09-30 10:32 from 1701

トラックバック
Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます