12:月下旬に入ろうとするのに釣れる続ける吹上浜 - 薩摩キスナビ

12:月下旬に入ろうとするのに釣れる続ける吹上浜

12月20日()釣行
東の混じる風向きで吹上浜の釣り日和だ。

同行者はおなじみの風来坊さんとオリムさん

CIMG8759.jpg

以前から気にしていた浜があってどうしても行ってみたかった。

吹上浜全域を知っているとは言っても熟知はしていないサーフがまだある。

吹上浜は基本的に「中間型サーフ」ではあるが47㌔もあると決してワンパターンではない。

「逸散型」・「反射型」或は「混在型」と思わせる場所もある。

何時も海を眺めながら波の立ち具合を見て「サーフの形態とキスポイントの相関関係はどうなんだろう?」と思っている。

「中間型」の形態のサーフについてはポイントを絞り切った。
これは釣り人の皆さん経験的に習得されていると思う。

今回は「中間型とは少し違う」と思わせる波の立ち具合とくだけ具合の浜だ。

「12月のサーフでの釣れ具合を試したい」との思いと併せて形態の違うサーフでの釣りとあって期待は膨らむ。

釣り座につき道具を組み立て第一投

幸先よく一投目からアタリを拾え一匹Get

二投目もマタマタ2匹Get

自分

「これだけアタリを拾えたら20匹はGetできるな~」と思って気を良くしていたが後が続かない。

場所を移動しながら投げ返すが時々単発的に拾える程度の釣れ具合

風来坊さんもオリムさんも同じようなパターンの釣れ具合で苦戦している。

順調な滑り出しだったが「つぬけがやっとかな~」とネガティブに思いが後退している所に風来坊さんが大きく動きだした。

何時もだが彼は「キスの数釣りは足で稼げ」の実践者だ。

私らのように釣れなくても同じ場所でダラダラと投げ返すことをしない。

見切りをつけたらサッサと次の場所に移動して投げ返している。

離れること一キロ位か?
「はるかかなたに人影が・・・」位に離れて投げ始めた。

私とオリムさんは同じ場所で同じように苦戦しながらの釣れ様だったが風来坊さんからオリムさんの携帯に「入れ食い」情報が・・・・・

オリムさんと急いで風来坊さんの近くに移動
その時は既に50匹以上の良型をgetしていた風来坊さん

「やはり釣る人は動きが違うわ~」と感心しながら風来坊さんの釣り残しを釣ってようやく当初の目標20匹Getを達成できた釣行日だった。

私が22匹。オリムさんが30数匹・風来坊さん70匹弱

釣れていないのかと思ったらだんまり決め込んでいつの間にか釣っていた(笑)

CIMG8783.jpg

「先行者利益」とでも言うべきか?

風来坊さんのブッチギリ釣果

今回に限ったことではないんだけど・・・・(笑)

その背景には人と違った「読み」があることを知らしめられた日でもあった。

それにしても釣れてくるキスの型は粒揃いの良型

こまめに場所をさぐっていったら12月下旬でさえも束釣り可能と思わせる釣れ具合


チャレンジすべし

だな~(笑)

フォーラムメンバーには「今年の締めくくりとしての納竿」はなさそうだ(笑)


ここで他所の県ではどうかわからないが時々吹上で見かける現象を紹介しよう。


「カタクチイワシ」が大型魚に追われて逃げまどいサーフに打ちあがって来る様だ。

今日もそれが起きた。

時と場所によってはキスがこのように打ちあがってくることもある。

その時は釣るのではなく拾ってキスGet(笑)

CIMG8780.jpg





【追伸】

今年は実り多き年だった。

まず多くの仲間と知り合えた事

メンバーからの情報が入り他の人の経験を疑似体験しやすくなり経験則が増えた事

「仕掛けの工夫」「場所の特徴」をつかみやすくなった事などだ。

まさに情報交換のたまものだと思う。

仕掛けの工夫一つにとっても絡み具合やキスのかかり具合が違うし47㌔サーフ全域を一人で熟知しきるものではない。

それぞれのメンバーがマイグラウンドとして永年通って自分だけしか知らないその浜の特徴とポイントを教えてもらえる。


まだ竿出しする予定だがとりあえず今年の総括として・・・・・・

メンバーに感謝の年だった。




     【今年の教え】
   
      シーズンインから11月まで
      と
     12月からシーズンインまで
     の釣り場と仕掛け・エサの工夫をしたら年中束釣り可能なのでは
     ないのか?

     すなわち、オフのないオールシーズンOKの
吹上浜
   47㌔の中には色んな顔を持ったサーフが混在していることになる
  のだが、その素顔の実態を掌握するにはまだまだ修行を重ねなけ
  ればならず興味はつきない。
 




冬場のキスを捌いた時の感想

キスを捌いたとき手にまとわりつくベトつき感とでもいうような11月中旬までのキスには感じられなかった脂ののりのような感触を持った。

捌いた後は従来通りパン粉をつけてフライにできるように下ごしらえして友達にあげたので食べてはいないのだが友達も「美味しかった」と言うところをみると冬場のキスは越冬するために体に脂肪をため夏場のキスの味とは一味違う美味さがあるのかもしれない。

今度釣った時は自分で食べて感触をつかもうと思う。





あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ

2015.12.21|コメント(10)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

近いけど・・・

残念ながら土日とも仕事や、自治会の草刈りで出動できず!
今度の週末まで残っていてほしい。

2015-12-21 12:50 from 秀麿

良型でしたね。

私の北上はフグと海鳥に悩まされましたが
相変わらずこのポイントらしく、良型が揃いましたね。吹上浜でも、型の面では屈指の浜です。仕掛けはアレが今の時点はベストかと思います。
正月休みも、天候に恵まれたら出撃するんでしょうね~釣り依存症気味の私ら3人

2015-12-21 15:30 from オリムおやじ

秀麿さん!こんにちは

> 残念ながら土日とも仕事や、自治会の草刈りで出動できず!
> 今度の週末まで残っていてほしい。

いがったでごわすよ(笑)


2015-12-21 17:00 from 薩摩釣遊

おりむさん!お疲れ様でした。

私の北上はフグと海鳥に悩まされましたが
相変わらずこのポイントらしく、良型が揃いましたね。吹上浜でも、型の面では屈指の浜です。仕掛けはアレが今の時点はベストかと思います。
正月休みも、天候に恵まれたら出撃するんでしょうね~釣り依存症気味の私ら3人

御意!(笑)
この場所に惚れましたね。

2015-12-21 17:03 from 薩摩釣遊

安心して下さい!まだ釣れてます!

まだ、釣れますか?
今年も残りわずか納竿も無さそうですね?
この調子だと初釣りも1月?

2015-12-21 18:46 from NZ | Edit

NZさん! こんばんは

> まだ、釣れますか?
> 今年も残りわずか納竿も無さそうですね?
> この調子だと初釣りも1月?

納竿無しです。
流れからして条件次第で1月が初釣りになろうかと・・・・

一月に束釣りしたりして(笑)

2015-12-21 19:28 from 薩摩釣遊

明後日はイブです

吹上浜はやはり最高ですね。情報ありがとうございました。今は忙しくて行けませんが、年末年始に行きたいです。年末にキス釣りって、何か不思議な感じがしますね。イワシやキスが浜に打ち上げられたら、急いで弓角やルアーを投げたいです。

2015-12-22 22:54 from DIVER

DIVERさん! おはようございます。

> 吹上浜はやはり最高ですね。情報ありがとうございました。今は忙しくて行けませんが、年末年始に行きたいです。年末にキス釣りって、何か不思議な感じがしますね。イワシやキスが浜に打ち上げられたら、急いで弓角やルアーを投げたいです。

恵まれた環境に感謝です。
年末のキス釣りの経験は初めてでした。

「キス釣りは夏の釣り」との一方的な思い込みは間違っていることにきずかされる一年でもありました。
「思いこみ」をする前に検証の大切さも知りましたよ。

2015-12-23 07:40 from 薩摩釣遊

いるとこにはいるんですね

こんばんは。
日曜日は寒くもなく釣り日和でしたね。
それにしても素晴らしい釣果ですね。
私はつぬけがやっとでした。

2015-12-24 18:52 from 鱚釣迷人

迷人さん! こんばんは

> こんばんは。
> 日曜日は寒くもなく釣り日和でしたね。
> それにしても素晴らしい釣果ですね。
> 私はつぬけがやっとでした。

また一緒に行きましょう~

2015-12-24 19:42 from 薩摩釣遊

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます