泥水の中で・・・・・・ - 薩摩キスナビ

泥水の中で・・・・・・


7月3日()は釣り日和のはずだった。
同行者は風来坊・リョウさん

CIMG9652.jpg 
CIMG9656.jpg 

オリムさんは急きょ所要ができて今回はパス
私とリョウさんは期待を膨らませて約束の釣り場に・・・・・

しかし現地に着いて海の状況をを見て唖然

CIMG9645.jpg

風来坊さんの話では当日の午前4時頃に吹上周辺の局所で突風・爆雨の襲来があったらしい。

そのせいで海の状況はいっぺんに泥川に変身し、キス釣りのできる雰囲気ではなくなっていた。

彼は地元なのでリアルに当日の状況がわかるのだ。

しかしサンデーアングラーの風来坊さんは一週間にいっぺん回って来るチャンスに禁断症状を抑えられずその悪条件をものともしない。

そこで、一緒に泥水の中にオモリを投げこんでみることにした。

引けに引けなくなってほとんどやけくそ状態の投げ釣り

しかし「クサフグだらけで消耗戦だろうな~」「ゴミがかかってくるだろうな~」と思いながら投げてさびいてみると意外や意外一投めから2色付近でアタリを拾う。

2色付近はモロに泥水なのに・・・・
巻き上げてみるとツマヨウジがサイズが1匹

CIMG9650.jpg  
とりあえず思いがけない釣れ様でボウズだけは免れた。

2投目も同じような距離で「ツマヨウジアタリ」を連で拾う。
6点に4点

キープサイズが掛からないだけでキスは釣れる。

ツマヨウジサイズを10匹位釣り上げた直後、今度は同じような距離でキープサイズのアタリを拾った。

こんな時はキープサイズのアタリガ妙に大きく感じられる(笑)

CIMG9659.jpg

その直後、風来坊さんが寄ってきて近くで投げはじめたが何と投げてすぐ5色付近で「ドカン~アタリ」をキャッチして21センチをget

CIMG9665.jpg

しかし「こんな泥水の中でもいる事は居るんだな~」と思いながら投げ返すがこの悪条件を跳ねのけるうな釣果には恵まれず少しでも濁りのないところを探して転進することにした。

次に向かった先が小野浜

着いて海を眺めると先の釣り場より濁りが激しく竿を出さずに更に転進

次は京田

最近は超有名になってしまった京田

現地に着くと先客万来

キス釣りか?貝堀か?すでに数台の車が駐車し、我々の後ろからも次から次にやってくる。

この浜への藪道は「超水はけの悪い道」でいったん水が溜まってしまうと一ケ月や二か月では水が引かずどうかすると周年池状態だ。

今回の局地的爆雨はこの場所にも大きく影響して水が逆流していた。

ヤブ道に溜まった水は深いところで股の付け根付近までの深さになりパンツまでビッショリ濡れる。


何時も行き慣れている者としてはこの水の溜まり具合で局地的なすごさがわかる。

CIMG9666.jpg 
CIMG9667.jpg 
その池を突っ切って浜に出てみるとここも同じように泥海状態

今更ながら「吹上浜全部ダメ」出しをしてなじみの地元のアングラーと立ち話をして納竿した。

CIMG9672.jpg

その後も風来坊さんは一人で転進に転進を重ね夕方には良型をgetして「ツヌケ」を果たし納竿したらしい。

風来坊さんの「雨にも負けず風にも負けない」「ドスコイ根性」には脱帽(笑)

われらがメンバーにはすごいアングラーばっか~

私の場合
『自然相手の趣味だからこれはこれで良しとして次につなげよう』

清くあきらめた。

台風が発生して台湾方面に移動している。

天気が崩れなければ東風が混じりやすい状況になった。

吹上浜のきつい濁りがとれるのもそんなに時間はかからないと思える。

台風 
画像引用先はこちら「台風情報」



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ

タグキーワード
2016.07.04|コメント(14)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

え~~と・・・・

熱帯雨林のアマゾンにでも行かれたのですか???(笑)

2016-07-04 15:46 from KAWANO | Edit

KAWANOさん こんばんは

> 熱帯雨林のアマゾンにでも行かれたのですか???(笑)

はい
すごいところですよ。

一緒に行きませんか(笑)

2016-07-04 18:28 from 薩摩釣遊

もう水溜り?

京田まで行かれたんですか?
昨年の様にならない事を祈るだけです。
釣遊さんのブログを見てたら「砂蒸し温泉の浜」~加世田の小湊漁港まで移動されてましたね?
まさに「ドスコイ根性」(笑)

3日、内之浦は濁りも無く無風で暑くおまけに釣れない事、釣れない事(笑)
11時で納竿!帰宅後、釣ったキスを天ぷらにして生ビールを飲んでました。
考えてみれば良い休日の過ごし方です。

2016-07-04 19:02 from NZ | Edit

NZさん 毎度

> 京田まで行かれたんですか?
> 昨年の様にならない事を祈るだけです。
> 釣遊さんのブログを見てたら「砂蒸し温泉の浜」~加世田の小湊漁港まで移動されてましたね?
> まさに「ドスコイ根性」(笑)
>
> 3日、内之浦は濁りも無く無風で暑くおまけに釣れない事、釣れない事(笑)
> 11時で納竿!帰宅後、釣ったキスを天ぷらにして生ビールを飲んでました。
> 考えてみれば良い休日の過ごし方です。

NZさん
」のつく人

すごすぎ~
転進転進でしまいには26㌢をgetし喜び勇んで電話が来ましたよ。

・・・・」じゃなくてハンドルネームは以前の「キスキラー〇〇」でよかったのに
と思いますけどね(笑)

無理をせずにマイペースで楽しんだ方がいいと思いますよ。

私はタクアンばっか燻製してかんじんのキスの燻製をしていませんので近い内にまた材料仕入れに行こうかと・・・・(笑)



2016-07-04 19:30 from 薩摩釣遊

禁断症状が・・・・・

かれこれ一か月全く釣りに行けません。
例年、梅雨時期はトカラ遠征でクエ竿ごと引き倒され喜んでるはずなのですが、それすらも行けませんでした。
タックルボックスの整理中、クエ針見たら思わず喰わえてみようかと・・・・
禁断症状が悪化しております。

2016-07-04 21:34 from オリムおやじ

唐浜はきれいでした。

川内川も大雨の影響で泥水なので、しばらくは釣りにならないようです。
そこで、今年初めて唐浜の様子を見に行くと、なんとまったく濁りもなく、波も穏やかでした。
最干潮時の2時間で39匹でしたが、15㎝以上は11匹とピンに翻弄されました。

2016-07-04 21:37 from 秀麿

やはり

こんばんは
京田名物の池渡り
今年は深そうですね
吹上浜が駄目なら
やはり頴娃へ行ってみるのも良いかも🎵

2016-07-04 21:40 from 鱚釣迷人

オリムおやじさん こんばんは

> かれこれ一か月全く釣りに行けません。
> 例年、梅雨時期はトカラ遠征でクエ竿ごと引き倒され喜んでるはずなのですが、それすらも行けませんでした。
> タックルボックスの整理中、クエ針見たら思わず喰わえてみようかと・・・・
> 禁断症状が悪化しております。


あと数日でその禁断症状も収まるかと・・・・・(笑)
この前はいかないほうが正解でしたよ。

2016-07-04 21:53 from 薩摩釣遊

秀麿さん お元気ですか?

> > 川内川も大雨の影響で泥水なので、しばらくは釣りにならないようです。
> > そこで、今年初めて唐浜の様子を見に行くと、なんとまったく濁りもなく、波も穏やかでした。
> > 最干潮時の2時間で39匹でしたが、15㎝以上は11匹とピンに翻弄されました。

唐浜は濁りなしですか。
どこも一緒かと思ったのですが・・・・・

またご一緒させてください。

2016-07-04 21:55 from 薩摩釣遊

鱚釣迷人さん すごい池ができてました。

> こんばんは
> 京田名物の池渡り
> 今年は深そうですね
> 吹上浜が駄目なら
> やはり頴娃へ行ってみるのも良いかも🎵

梅雨明け宣言があったら行く予定です。
7月だけははずしたくない気持ちはあるにはあるのですがグズグズしてもう何年も行っていません。

2016-07-04 22:00 from 薩摩釣遊

今回も移動しまくりでした。

南に北にと最後の場所は6箇所目でした。
でもおかげで久しぶりのメタボキスをみることが出来ました。
市来海岸が良くなってくれば時化の時や濁りの時の良い釣り場となるのですが?

2016-07-04 22:49 from 浜の風来坊

やるっきゃない

今までの釣りは序の口だったんですね
今後は京田名物の池渡りと,ビーチウォーキングではなく,真夏の行軍が待っているのか?
やるっきゃない

2016-07-04 23:04 from リョウ | Edit

浜の風来坊さん おはようございます。

> 南に北にと最後の場所は6箇所目でした。
> でもおかげで久しぶりのメタボキスをみることが出来ました。
> 市来海岸が良くなってくれば時化の時や濁りの時の良い釣り場となるのですが?

吹上浜のキスはあなたを怖がっています。
あなたが姿を現しただけで散ってしまいます。

わたしは吹上のキスをなだめるのに必死です(笑)

2016-07-05 05:35 from 薩摩釣遊

リョウさん おはようございます。

> 今までの釣りは序の口だったんですね
> 今後は京田名物の池渡りと,ビーチウォーキングではなく,真夏の行軍が待っているのか?
> やるっきゃない

今から灼熱のもとでの地獄の耐久レースが待っています。
風来坊さん・オリムさんは24時間フル稼働でもケロツとしておられます。

なまで「ニガゴイ」でもバリバリ食べて活力をつけてからチャレンジください。
わたしは倒れたリョウさんを担いで帰る体力はありません(笑)

2016-07-05 05:44 from 薩摩釣遊

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます