激震に次ぐ激震 - 薩摩キスナビ

激震に次ぐ激震

8月11日(木)「山の日」に海にオリムさんと釣行

何時もの場所で何時もの時間に」と約束してその場所で落ち合い例の浜に・・・・

これだけ晴天が続いても自然排水の限界をはるかに超えたこの辺一帯の土壌は今だもって「水ぶくれ」状態が続き、あたり一面から集まった水が簡易に掘られた側溝を勢いよく流れている。

CIMG9927.jpg 

排水工事が始まって何時も駐車するスペースの道路を挟んだ向かい側は「何の目的で切り開いたのか・・・」立派な広場に様変わりしているが「われらメンバーのために駐車場をつてくれたのかな~」な~んて・・・・(笑)

CIMG9929.jpg 

この辺一帯は「南さつま市」の管轄なので道路や排水工事等は南さつま市がする。

CIMG9941.jpg 

ここからヤブを抜けて海岸までは国の管轄

残念ながら「」は国の管轄内

国が予算を組んで利用頻度の低いこの場所の排水工事をするとは考えにくく我々アングラーにとって「お池渡り」の試練は毎年続くと覚悟しないといけない。

それにしても一頃とすると池の水もだいぶ少なくなった。

ビフォアー&アフター

CIMG9859.jpg 
CIMG9937.jpg 

そのうちに無くなるだろう」とは思えても、早く泥水の中に足を突っ込まなくていいようになりたいものだ。

今日も泥水に足を取られながらドロドロの水たまりを渡り、ヤブをかき分けかき分けしながらようやく海に出た。

今の時期の草木の成長は盛ん「けもの道」のようなささやかについた「ひと後」はヤブの勢いに完全に負けて覆いかぶさり「足さぐり」で前に進むしかない。

短パンなので前に進むたびに直接足やスネに草木がまとわりつき、それがはじいてスネにあたりヒリヒリ痛い。

お池渡り」の試練・自分の腰当たりまで成長した「ヤブ道」をかき分けて進まなければならない試練

海岸まで何回かのゲートを通過し、高台から海を見ると今日もキス釣り日和のナギ

今日は干潮から上げ潮に向かっての潮まわりなので釣りはじめは「沿岸州」から足元までがターゲットゾーン

朝一は「沿岸州」が頭を出してはいなかったがくっきり見えていた。

足元から沿岸州までの距離はおおよそ100m この浜のこの状況ならこの範囲がターゲットゾーン

干潮なので障害物ひとつない綺麗なサーフが一面に広がり仕掛けも置きやすいうえに適度にしまったサーフは踏ん張りも効く。

釣り座につき道具を組み立てていると2人アングラーが後を追うように真っすぐこちらに向かって歩いてくるのが見える。

遠目には確認できなかったが「Seiyos」の二人連れ ブログで釣れている情報を読んで一目散にこの浜に来たらしい。

今日のいでたちは完全武装 「日焼しないこんな方法もあったのか」と思うようないでたち

むさくるしくないですか?暑くないですか?」と聞くと「どうせ暑いんだから・・・」との返答

御意」(笑)

とは言ってもまるでどこかの国の兵士みたいでないの~(笑)

CIMG9946.jpg 
CIMG9947.jpg 

Seiyo」君は中学一年で、すでにおやじの背丈を追い越し投げ方のフォームも華麗 思わず「いいぞ」「いいぞ」とつぶやいてしまう(笑)

CIMG9948.jpg 
CIMG9945.jpg 

私も道具を組み立て目的のソーンのキワに投げ込んでリールを数回転させて仕掛けがはった時点で襲い掛かるような鋭いアタリを連続でとらえニヤニヤしながら巻き上げてみると一投目から良型の4連 型がいい。

CIMG9950.jpg 

数釣りでこれだけの型が揃ったら文句なしと言った感じだ。

どのように形容したらいいかわからないような鋭いアタリ 「グングン」「ゴンゴン」でもない。

空腹のキスが久々にエサを見つけて食らいつくその様を思い浮かべ竿に伝わってくるその鋭いアタリの形容方法が思い当たらない。

主観的な感触を上手く表現できないもどかしさを感じる。

しかし潮が満ちて来るにしたがってアタリも鈍くなり、釣れてくるキスも型落ちしはじめオリムさんと二人で点々と場所を移動しながらの釣りスタイルに変更

Seiyos」親子はこの暑さに参って納竿

ここは「京田海岸」「ウトラ海岸」「高橋海岸」と3つの名からできているロングサーフ

京田から最後は高橋まで点々と釣り歩きの往復だ。

往復4㌔くらいか?

オリムさんはこの炎天下でもペースダウンすることなく投げてはサビキ 移動しては投げてを繰り返している。

CIMG9943.jpg 

この炎天下でここまで元気なのは気付かれないように釣れたピンキスを「躍り食い」して性をつけているからかもしれない(笑)


1人だったらこの暑さに気持ちもへこんで納竿するところだが、連れがいると元気が伝播してそれに引きずられるから長続きする。

一通り釣り歩いて折り返しの帰り道で点々と釣り歩いているとはるかかなたに1人のアングラーが・・・・・

人影しか確認できないが投げ方を見ているとかなり慣れた様子の投げ方 

あそこから動かないが釣れてるのかな~かなり慣れた感じの投げ方だし・・・」等と思いながら気になって挨拶がてら近寄ってみると何と何と

NZさん」じゃあ~りませんか 「まさか今日ここで会うとは・・・びっくりしたな~ も~!!

 顔かくし  

彼のボックスを覗くと手頃サイズを結構釣っている。

CIMG9953.jpg 

ここからは飽きてることもあって竿を置いて世間話

そうこうしているうちにオリムさんも合流して3人でベチャクチャ 井戸端会話 ついでに納竿(笑)

NZさんと再会を約束して散会

今日も燻製材料がキープできたし帰って捌かないと・・・・・

帰ってもやることが待っている。

CIMG9955.jpg 


【編集後記】


釣って捌いてミリン干ししたキスはジッパー付きのビニール袋に入れて冷凍保存した。

今の時期は天気がいいので乾きも早い。

今100匹強か?

後100匹位キープして同じ要領でストックし、その中から適当に燻製サイズをチョイスして燻製する予定

CIMG9960.jpg




あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ


タグキーワード
2016.08.13|コメント(8)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

やはり帰りは2時間30分かかりました。

8月の吹上浜は”初釣行”でした。
釣り座を移動しなければパラソルでも持って行くんですが。。。
移動した方が数もサイズも良いのが釣れますからね。
Seiyoパパとは初対面でしたが。。。
あのマスクで顔が全然分かりませんでした(笑)
次に素顔で会っても分からないかも。。。。(笑)
釣れるキスも徐々にサイズUPすると思うので
燻製サイズばんばん釣って下さい。

2016-08-13 18:50 from NZ | Edit

NZさん 思いがけず会えてうれしかったです。

> 8月の吹上浜は”初釣行”でした。
> 釣り座を移動しなければパラソルでも持って行くんですが。。。
> 移動した方が数もサイズも良いのが釣れますからね。
> Seiyoパパとは初対面でしたが。。。
> あのマスクで顔が全然分かりませんでした(笑)
> 次に素顔で会っても分からないかも。。。。(笑)
> 釣れるキスも徐々にサイズUPすると思うので
> 燻製サイズばんばん釣って下さい。

また他の方々とも一緒においでください。
一緒に釣って楽しみましょう。

燻製サイズも頑張って釣ります。
まってま~す。

2016-08-13 19:49 from 薩摩釣遊

こんばんわ

本日、行きましたが、釣果はいまいちでした。
それもそのはず。帰ってからブログを見ると、累計7人もメンバーが釣りまくった後ですから、残念ー^^
それから、朝海岸を歩いてたら、自転車の吹上浜ウミガメ塾の人が、ウミガメの卵らしきものを、掘ってました。
事情を知らないと、盗掘にしか見えません^^

2016-08-13 19:51 from チョイ投げU

チョイ投げU さん お久です。

> 本日、行きましたが、釣果はいまいちでした。
> それもそのはず。帰ってからブログを見ると、累計7人もメンバーが釣りまくった後ですから、残念ー^^
> それから、朝海岸を歩いてたら、自転車の吹上浜ウミガメ塾の人が、ウミガメの卵らしきものを、掘ってました。
> 事情を知らないと、盗掘にしか見えません^

釣れませんでしたか?
折角だったのに残念です。

この前はよかったんだけど・・・・・

南九州市ウミガメ保護監視員の方ですよ。
この浜で23年位調査しておられるようです。

2016-08-13 20:06 from 薩摩釣遊

出足は好調

朝の良型連続で(2束イケる)と思いましたが途中からセイゴに悩まされ130を越えたあたりでココロが折れました。
枝針の絡み防止チューブのケイムラがセイゴを呼び寄せたのかもしれませんね。
今の時期であれだけ型が揃えば言うことありませんね。また、出撃しましょう。

2016-08-13 21:44 from オリムおやじ

マコトにタフですね

11日は京田でしたか。
御池はだいぶ,小さくなってきてるようですね。
御池渡りも少しは,楽になったようですね。
また,移動距離も7日の倍以上,移動されたんですね。
二人共,マコトにタフですね。
燻製仕込みも着々と,過剰在庫状態ではないですか(笑)❓

2016-08-13 23:02 from リョウ | Edit

オリムおやじ さん おはようございます。

> 朝の良型連続で(2束イケる)と思いましたが途中からセイゴに悩まされ130を越えたあたりでココロが折れました。
> 枝針の絡み防止チューブのケイムラがセイゴを呼び寄せたのかもしれませんね。
> 今の時期であれだけ型が揃えば言うことありませんね。また、出撃しましょう。

本当に出足は好調でしたよね。
かなりの数いける」と思いましたもの・・・・・

そうではありますがいいアタリいい型が結構混じっていました。
また行きましょうね。

2016-08-14 06:12 from 薩摩釣遊

リョウさん おはようございます。

> 11日は京田でしたか。
> 御池はだいぶ,小さくなってきてるようですね。
> 御池渡りも少しは,楽になったようですね。
> また,移動距離も7日の倍以上,移動されたんですね。
> 二人共,マコトにタフですね。
> 燻製仕込みも着々と,過剰在庫状態ではないですか(笑)❓

今天日干ししたものを冷凍庫で保存していますが結構かさばりますね。

何時もが運動不足ですからこんな時でもないと身体を動かしません。
健康でこんな遊びができる事に深く感謝しています。

病院につながれて動けない人もいるのですからそれを考えると幸せです。

2016-08-14 06:18 from 薩摩釣遊

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます