キスの燻製と真空パック - 薩摩キスナビ

キスの燻製と真空パック

10月16日()に釣行して釣ったキスを燻製して真空パックしてみた。

結論から言って失敗  ザンネン

まず味付けがしょっぱくイメージ通りの味ではなかった。←タレを作って味見した時は「これでいい」と思ったのだが・・・・

※学び1
個人的な好みとしての味付けは甘辛い(醤油カラさのカラさ薄め)方がよかったような気がする。

そして天日干しを今までよりも長くしてみたのがいけなかった。

長く「天日干し」したために水分が今までの経験以上に抜け、その上に燻製器で蒸されて水分が更に蒸発して思った以上にかたく仕上がった。

※学び2
燻製する場合は天日干しの加減が一番難しいような気がする。燻製する際に改めて食材に残った水分が飛ぶため天日干しの段階で乾燥させすぎると燻製の際さらに水分が飛んでしまい更に固く仕上がってしまう。

入れ歯のおじおばさんにはチョットきびしいかたさ・・・(笑)

真空機は「異常なし」だったが、思うところがあって試しに常温で4~5日放置して様子を見ようと思っている。

下手なことをタナにあげて口はばったいが「味付け」「燻製」なかなか一筋縄ではいかない。

精進あるのみだ。

※総括
何回となく味付け・燻製をしたなかで上手く行った時もあった。失敗が多いけど・・・・(笑)やはりポイントは味付けの具合と天日干しの程度のようだ。安定した味と固さ、いい食感を作り出せるまでは試行錯誤を繰り返すしかないのだろうか?  そこの料理の鉄人、御教授をお願い申し上げ候(笑)

一通り納得いくまでの道のりは遠そう・・・・

CIMG0466.jpg

foodpic7308653.jpg

※真空の具合
10/22日真空パックして一晩置いてみたが異常なし。

なぜ、こんな「もったいぶった」ようなことをするかというと今からも台湾に送らなければならない。

問題点を絞ってそれを回避する方法を模索し、工夫をする必要がある。

買った当初面白半分で台湾に発送した物も含めて何袋も真空パックした。

その際、台湾に届いた分の5袋のうち2袋・自宅でストックした物の内の一袋合計3袋真空状態が解けタダのビニール袋に入れた状態になってしまったことだ。

早々に「袋の出来具合にバラツキがあって空気が入ったのでは・・・・」と思い袋をメーカーに送り返して検証してもらったが回答は「異常なし

そこで今回の真空に際し袋に入れたキス(食材)を無造作に放り込んで真空するのではなく食材と食材が重なった所に「空気たまり」ができないようになるべくならしてから真空パックしてみたのが今回

台湾に着くまでの期間は5日間だった。 
5日間のうちに空気が入っているので5日間は様子を見る予定 

これで問題なかったら考えられるのは気圧の問題になるはずだ。

食材が飛行機で天高く持ちあげられ運ばれた時の気圧と我々の居住空間の気圧とは当然違う。

メーカーの本機の脱気圧は300mmHg~635mmHg と表示されている。

飛んでいる飛行機の貨物室の気圧との関係性はチンプンカンプン

国際線の飛行機の高度は国内線の高度よりはるかに高い。
国際線の客室でさえポテトチップの袋がパンパンに膨れると聞く。

ましてや国際線の貨物室の気圧は・・・・・・?

真空パックした食材は地上と上空という違う2つの気圧の中を行ったり来たりしているわけだからそれが真空パックしたものにどのように影響するのか?←だれかおせ~て~

恐らくメーカーも想定外なのでは・・・・・
異常が発生したらその経過は又書こうと思う。



※「真空パックん」の弱点発見と改善要請10/27(木)

結論から言って「シーリングにムラがある」ためにしっかり真空できるものと一旦は真空しても途中から空気が入っ

てタダのビニール袋状態になるものがあることが台湾とのやり取りや自分の経験更には販売者との話の中でわかってきた。

そこでまず「真空パックん」を利用して真空にした今までの経緯と私の勘違いと間違いそして本機の問題点をまとめてみた。

まず今まで真空パックした数は大・小のロールをあわせて15袋

そのうち空気が入ってタダの袋状態になったものが4袋あった。

4袋の内訳は以下の通り


1
まず最初真空機が届いた直後に真空した袋の内の1袋に空気が入った。

2
それから台湾に発送して届く5日間の間に5袋のうち2袋に空気が入った状態で届いた。

3
それからチッョトしたことで知り合った方に3袋真空したキスの燻製を差し上げたがこれは無事

4
その後、小キスを燻製し真空パックした3袋の内の1袋に空気が入って3日後に真空状態が解けたものがあった。(後の2袋は真空後5日経っても正常)


CIMG0484.jpg

この合計4袋

27パーセントの割合で失敗していることになる。

この割合は高いと思う。

後1点

台湾に送って届いた燻製キス5袋のうち空気が入ったものと正常なものの画像を送り返してもらった際に真空は保たれて正常だがキスに含まれた「タレ汁」が袋いっぱいに広

がって見苦しくなっていると見えたため空輸の際の気圧の変動に耐えられずこのようになったのではないか?と疑問に思い色々書き込んだがこれは全くの私の誤解であることがはっきりした。

台湾の友達が真空パックしたキスの画像を撮った時に置いた台がこげ茶色の大理石で出来た応接台だったために上か

ら撮った画像に透けて映り画像全体が汚らしく見えただけだった。←画像解析度が低すぎるんじゃないの~(笑)

名称入り袋画像

これで空輸時の気圧には何ら影響を受けていないことがはっきりした。

色々詮索して書いてしまったがここで改めて訂正とお詫びをしたい。

話を少し戻すがシーリングの甘さはこの機械に限ったことではないようだ。

Amazonで色々検索して色んな機種のレビューを読んでみると大なり小なりシーリングの甘さの苦言はどの機種にも書いてある。

そこでアラさがしだけでなく他の機種では見当たらない便利機能がロールを本体に収納できロールのカッティングが迅速で簡単にできること

確かに便利だと実感した。

真空パックん

シーリーグの甘さを改善してもらうべく販売店に申し入れし返品したが、この機械を使ってシーリングする箇所は画像①と②の2ケ所③と④はすでにシーリングされている。

この2か所がしっかりシーリングされれば満点

番号付き画像

販売店でもこの経験があるらしいことを語っていたので前から認識はあったようだ。

機械の作りにムラがある」ということなのかもしれないが、あえてここで問題提起させてもらい自分の不具合の改善と以降に購入予定の方々の参考になればそれでいい。

また新しい物が近日中に送られてくるものと思う。

その使い心地は後日に・・・・・

取りあえず私の間違った認識の訂正と時系列の利用報告状況をお知らせすべく書いた。

ちなみに、10/22に真空パックした上記「4袋の内訳は以下の通り」の4に記載した3袋の経緯について10/29(土)現在

真空にした内の1袋に空気が入りそれを販売店に確認してもらうべく機械の返送と一緒に梱包して送った。

その後残った2袋の内1袋は友達に差し上げ、残りの1袋はご覧のようにシーリング後7日経過しても綺麗に真空状態が保たれている。

CIMG0486.jpg CIMG0493.jpg

やはり本体のシーリング力のムラに原因があると思ったりもするが、11月5日現在販売店に機械を送り返し調査中

その結果は後日書き込む予定

11月9日()検証結果を得て機械が帰ってきた。

CIMG0529.jpg 
CIMG0532.jpg

結論から言って明確な原因は判明しなかった。

期間
10月25日に機械本体を販売店に返送検証結果を得て11月9日に当方に返却(着)

まずトラブル(真空した後に空気が入ってしまう事)につき販売店で同じ機械と同じ袋を使って同じ要領で試してもらったが実験開始から一週間たっても異常が出なかった。

そこで「問題なし」の結論を出す前に後一回だけ袋を短めにカットして真空して試してもらったところ、ここで初めて空気が入る不具合が発生した。

キスの残り小骨が原因で穴を開けたのでは・・・」とか「空輸の際の貨物室の気圧が関係しているのでは・・・」等と色々憶測もし、その回避方法も模索していたが販売店は「袋に問題・・・・?」と疑念を持つには至ったものの事前に「袋の不出来はない」との検証結果を得ている経緯もあり、明確な原因の特定には至らず「真空する時は袋を少し長めにカットして真空してください」という助言のもと、新しい機械を交換の上送り返してきた。

ちなみに自分でも10月22日~11月9日の間真空したものを実験的に放置して様子を見てみたが異常は発生していない。

総じて機械本体と真空袋とも「異常なし」の結論に落ち着いたが、現実問題として一回だけではあるが販売店の方でも異常が発生したことを確認をしているので将来に渡っての改善点の提起にはなったと思う。





【追伸】

キス・タクアンの燻製をやってみて安定して作れるようになったのがタクアンの燻製

これは台湾の友達・その友達の間で大好評だったようでリクエストが来る始末

当初は「いぶりがっこもどき」だったがその内に「・・・もどき」が外れて本物の?になったりして・・・・・

新たな名称を考えないといけなくなるかもしれない。

例えば「釣遊 Original Smoked TakuAnne」とか・・・・(笑)

ま~いずれにしてもボチボチやろうと思う。



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ


タグキーワード
2016.10.22|コメント(2)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

No title

お久しぶりです。
実は飛行機の貨物室と客室は同じ気圧でして、気圧の変化はどんな機体でも最大8000ft=2/3気圧程度(富士山くらい)です。空気が入っている密閉袋でしたら影響受けますが、真空パックですと問題ありません。どうぞご安心を。。。

ちなみにエアバス機だったら、機内の気圧はプロポーザルコントロールですが、ボーイングだとアイソバリックコントロールなので、フライトプランにもよりますが…長くなるので割愛しますwww

2016-11-02 04:12 from 薩摩の白鵬

ワオ〰 お久〰♪

> お久しぶりです。
> 実は飛行機の貨物室と客室は同じ気圧でして、気圧の変化はどんな機体でも最大8000ft=2/3気圧程度(富士山くらい)です。空気が入っている密閉袋でしたら影響受けますが、真空パックですと問題ありません。どうぞご安心を。。。

> ちなみにエアバス機だったら、機内の気圧はプロポーザルコントロールですが、ボーイングだとアイソバリックコントロールなので、フライトプランにもよりますが…長くなるので割愛しますwww

じゃった〰
プロがおったっじゃった〰

時にはコメントくれんとわするっが〰
最初から「薩摩の白鵬」さんに聞けばよかった。

最近は燻製機やら真空機やら揃えてゴチャゴチャやっちょっど〰

いずれにしても元気で何よりでごわすv-217
時にはこんな!

誰かさんがオニュータックルをいっぱいもっちょっで借りてくればよか〰
この前は北国に行って「米が抽選で当たった」と言って喜んじょった。


2016-11-02 04:53 from 薩摩釣遊

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます