風裏を求めて・・・・・ - 薩摩キスナビ

風裏を求めて・・・・・

西・北西の風が吹くと弱いのがわれわれがホームグラウンドにしている吹上浜

特に今から先は北・北西の季節風が吹くことが多くなり時化日が続いてキス釣りにはきつい。

一方、頴娃海岸は不思議な浜で8月の声を聴くと全くと言っていいほど釣れなくなる浜でよっぽどスポットを掌握できていない限り冬場にかけてのキスの数釣りにはむかない。

過去15年以上前から去年まで11月でも京田・ウトラ海岸・高橋海岸一帯で束釣りができていた。

ところが今年は何故かダメダメ海岸に変身

冬場に限らず吹上浜が時化て釣りにならない時のことを考えてオリムさんと錦江湾内の探索をしたことがあったが「知林ケ島」一帯で投げた時に5色付近で1発目から根掛り高切れさせてしまい心が折れて退散した経緯もあるなかで今回は改めて過去15年以上前に時々通っていた吹上浜の風裏にあたる浜に行ってみることにした。

泣いた釣行記はこちら泣けた泣けた・・・・


知林ヶ島」一帯の浜は2色位の範囲なら根掛しないようだし又十分その範囲で釣れるのでチョイ投げ気分で十分

【参考情報】

道具をセッティングして一投したときにに地元の年配の方が近寄って話しかけてきた。

そんなに遠くに投げて釣らないよ。俺たちはそこいら辺に適当に投げてさびくよ」と言っておられた。

また「秋に釣るよ」とも言っておられたが「春・夏には釣れないの?」と疑問に思ったものの「そんなこともないだろう」と思い直し投げた記憶だ。

そして一発目から根かかり・・・・・・(苦笑)

概して鹿児島のサーフは中・近の距離で(4色以内)で足りることが多い。

したがって短竿(365等のオモリ負荷の軽い竿)で手返しよく釣り歩くスタイルもアリだと思う。

いずれにしても遠投は必要なさそうな口ぶりだった。←地元の経験者の発言なので信憑性は高い。


吹上浜が時化た時は錦江湾内が凪になる。

しかし、錦江湾内は至る所護岸工事がなされ消波ブロックが入ってフルキャストできるような所がなかなか無い。

周年キス釣りを楽しむのなら釣り人であるこちらの方が状況に合わせて変わらざる得ず、2・3色内を手返しよく釣る時や堤防・消波ブロックの上から投げること等も想定するなら「短竿もあり」と思っていた矢先に風来坊さんが365を手に入れて持ち歩いているので興味津々で見ている昨今だが決して安い買い物でもないので現在のところ眺めているだけ・・・・(笑)

ところで行った先は指宿のこの浜

Google Mapsにリンクしています



吹上浜をメインに動いていた20・15年前は10月いっぱいでサーフからのキス釣りは止めることが多かった反面、体感的にはまだまだ暑い日があり「切って継いだように釣れなくなるはずもない」と思いなおして風裏にあたるここいら辺をさぐって回ることも結構あった。

また10月と言ったら海の海水温は1ケ月遅れの9月

11月頃はこの浜の画像右に写っている堤防からサーフに沿って平行に投げて数釣りを楽しんでいたのだが、その後に11月の京田の爆釣を体験してからここら辺から遠ざかって15年以上

当然記憶も欠落に等しくなって思い出しもしなかったのだが今年の今の時期の京田一帯の貧果に直面して過去のかすかな記憶をたどって訪問してみた経緯だ。

現地に着いたのが7時前

ホテルの朝食時間にあたってしまい海を見ながらウィンドー越しに朝食を楽しんでいる泊り客の目線が気になったり、当時はみかけなかったスマホをセットした自撮り棒を持ちながら食後の一服とばかりに堤防越しにこちらをじろじろ見ている中国の宿泊客には参った。

どういう風習があるのか知らないが辺りかまわず大声でしゃべるのが中国の方々の特徴?(笑)大声だし当然言葉が違うので一発でわかる。

ま~いずれにしてもせっかく来たのだから投げてみないとと思い直し道具をセッティングして投げてみみることにした。

過去に根がかった記憶はないが左端はゴロタがあるので念のために根がかっても外れるか切れるようにlock天秤に細仕掛けの3点でスタート

CIMG0608.jpg

取りあえず3色辺りに投げてさびいたみるといきなりキスらしい大きなアタリをキャッチして一瞬心が躍ったが針掛かりせずあがってきたのは小さなエソ

キスはいるな~」と思いながら投げ返すがその後アタリらしいアタリを拾えず波口でピンを2匹拾って寒くなってきたので早々に退散した。

CIMG0599.jpg

実は夏スタイルで出かけてしまったのだ~

結構風の強い日で海は凪でも体は冷える一方

今鼻をかみながら記事を更新している(笑)

自分の不注意とは言うものの風邪をひいたら次につなげるのに時間がかかる。

今日は下見」と思いなおして割り切りほとんどのエサを捨てて帰ってきた。

他のメンバーと一緒にまたリベンジする。


錦江湾内の他の場所の攻略もメンバー同士情報を持ち寄ったらそんなに時間はかからない。



「追伸」

記事が前後したが11月20日()釣行した際に秀丸さんの釣友で福岡からの転勤族の方とお会いできた。

持ってるタックルはハイグレードなダイワ製

思い起こせば2004年にシマノの全国大会の予選で新松原海岸に行ったことがあるがその時におどろいたのがシマノの最高峰「キススペシャル」の竿林だったことだ。

鹿児島と違ってキス釣りに対する遊び心の入れ込みようの深さの違いかもしれない。

恐らく今もそうなのだろう。

そんな中でやってきた方が身近におられたら色々教えてもらえる。

近投で十分釣れる」とはいうもののそればっかしでもないのが投げ釣りの奥深さ

我々とは違う仲間と違うフィールドで培ってこられた経験値を伝授頂けるチャンスでもある。

当分は鹿児島におられるとのこと

色々教えて貰わなくっちゃ・・・・・

CIMG0588.jpg 


あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ



この記事が役だったと言う人はツイートしてね!

タグキーワード
2016.11.24|コメント(6)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

ピンギス2匹は一緒です(^_^;)

高切れ以来の遠征ですね。指宿シーサイドH前ですか?
23日に私は、延岡市の方財海岸へ行きました。
釣りメインじゃなくて「延岡水郷やな」へ鮎釣り!いや鮎食べに行き、テレビ(BS)で放送された「釣り百景」で日置さんと戦場カメラマンの渡辺さんがキス釣りをした方財海岸が近かったので2時間程、釣りましたが釣果ピン2匹でした。
キス釣りのテレビ収録があると必ず情報提供と場所の選定をされると言うアングラーの方ともお会いし情報を頂きましたが方財海岸は12月からが釣れると言われてました。
しかし延岡市も私にとっては遠い!高速料金も土日祝で往復4500円程(ー_ー)!!
吹上浜に出掛けた方が安いです。

2016-11-24 18:51 from NZ | Edit

昔の名前で出ています?

昨日は川内方面の海も大時化。川内川河口で挑戦するも生体反応なし。そこで数年ぶりに近くの小さな漁港へ、海は大時化ですが、港の中は水も澄んで鏡のような水面でした。
3色投げると対岸に届くので、2色へ軽く投げてゆっくり引くと元気な当たりが続いて、2時間半で28匹(22~17cm)18cm以下は2匹のみと、型も揃っていました。
底にゴロタ?、針を5本取られましたが、フグは1匹で快適な釣りでした。たまには昔のポイントにも行くものです。

2016-11-24 19:20 from 秀麿

パーフェクトボウズでした。

吹上浜一帯、結構な波でした。最後に市来海岸で竿出ししましたが予想どおり何のアタリすらなく投げ練となりました。
冬場はやはり湾内でしょうか。

2016-11-24 19:41 from オリムおやじ

NZさん! おひさ~

> 高切れ以来の遠征ですね。指宿シーサイドH前ですか?
> 23日に私は、延岡市の方財海岸へ行きました。
> 釣りメインじゃなくて「延岡水郷やな」へ鮎釣り!いや鮎食べに行き、テレビ(BS)で放送された「釣り百景」で日置さんと戦場カメラマンの渡辺さんがキス釣りをした方財海岸が近かったので2時間程、釣りましたが釣果ピン2匹でした。
> キス釣りのテレビ収録があると必ず情報提供と場所の選定をされると言うアングラーの方ともお会いし情報を頂きましたが方財海岸は12月からが釣れると言われてました。
> しかし延岡市も私にとっては遠い!高速料金も土日祝で往復4500円程(ー_ー)!!
> 吹上浜に出掛けた方が安いです。

方財海岸の動画←見ました。みましたよ。 見ている間「行ってみたいな~」と思いながらジーット見ていました。いい感じの浜でしたよね~

指宿シーサイドH前ですか?←ピッタシカンカン

鹿児島県人より鹿児島が詳しいんじゃないの~(笑)

2016-11-24 19:55 from 薩摩釣遊

秀麿さん  こんばんは

> 昨日は川内方面の海も大時化。川内川河口で挑戦するも生体反応なし。そこで数年ぶりに近くの小さな漁港へ、海は大時化ですが、港の中は水も澄んで鏡のような水面でした。
> 3色投げると対岸に届くので、2色へ軽く投げてゆっくり引くと元気な当たりが続いて、2時間半で28匹(22~17cm)18cm以下は2匹のみと、型も揃っていました。
> 底にゴロタ?、針を5本取られましたが、フグは1匹で快適な釣りでした。たまには昔のポイントにも行くものです。

この小さなサーフの存在は忘れていました(笑)
改めてみるといけそうな気配です。

川内から近かったらお誘いするのですが遠いので声をかけるのに躊躇します。

いいお友達をお持ちですよね~
よろしくお伝えください。

吹上は時化なかったらまだ釣れますからこの前のお友達と一緒に又楽しみましょうね。
情報は風来坊さんが流すはずですから・・・・・

2016-11-24 20:04 from 薩摩釣遊

オリムさん ご苦労様です。

> 吹上浜一帯、結構な波でした。最後に市来海岸で竿出ししましたが予想どおり何のアタリすらなく投げ練となりました。
> 冬場はやはり湾内でしょうか。

湾内でしょうね~
他に考えつきませんもの・・・・・

一緒に行きましょう。
小さな浜ですから大人数では厳しいです。

2016-11-24 20:07 from 薩摩釣遊

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます