プロフィール概略 - 薩摩キスナビ

プロフィール概略

どんな釣をやっても思うにまかせず「キス釣りだったら何とかなるだろう」とたかくくって始めてみたがそれもコケ「

には釣りはむかん
」とふてくされてあきらめかけていた矢先にたまたま吹上浜でキスの爆釣をやってしまい、それか
らキス釣にドップリはまる。

顔に日焼のシミを作りながら握り飯と水をリュックに背負い20年かけて47kmの吹上浜を釣り歩いたぼっけもん
 

私がホームグラウンドにしているSURFの長さが47キロ!

あなたはその長さを想像できますか?
きっとその広大なSURFにビックリされることでしょう。

日本三大砂丘の1つに数えられその全てがキス釣りポイント

950×300

上の画像を御覧ください。
弓なりになって遥か彼方まで続いているSURFです。

鹿児島県

シーズンになるとキスが湧くように釣れます。

こんなに恵まれた環境にありながら何故かキス釣りが盛んではありません。

ですから釣りたい放題です(笑)

そして忘れてはならない場所

それは頴娃海岸一帯の浜です。

富士山の型に似ていることからその小型版として「薩摩富士」の異名をとるほどの美形山「開聞岳」の麓に広がっているSURFです。

開聞岳

吹上浜とは一味違った美しさを持つキスが釣れます。

しかも良型が多く元気いっぱいのキス

個人的にはロケーションも素晴らしく一番好きな場所なのですが、いかんせん私の住まいからは遠く且つ釣れる時期が短いこともあって足が遠のいています。

「今年こそは・・・・今年こそは・・・・」と思いながらズルズルと永く釣行していません。



これが「釣ってよし」「食べてよし」のキスの宝庫薩摩のSURFです。


ここまでは薩摩半島の大まかなところを書きました。

が・・・・

まだまだあるんです。

が・・・・

この位で・・・・・(笑)

だいたい大隅半島がスッポリ抜けていますから・・・・・

ささやかな釣果釣果の画像(この画像は8㍑クーラーボックスにキチキチに入る量です。冷気が回らず又下敷きになったキスが痛みますので今は8と13㍑を交互に持ち歩いています)

何時も200~300匹釣って帰る「モサ」もいますが、持って帰る時の重量やその後の処理を考えると加減をして釣らないと大変なめにあいます(笑)

また、ギックリ腰になったりしては大変

次の釣行に繋がらなくなります。

趣味・楽しみですからその楽しみをいっぺんに味わう勢いで釣るのではなく味わって心豊かにスローペースで長年にわたって楽しみたいと思っている薩摩釣遊です。


タグキーワード
2011.07.26|コメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます