薩摩キスナビ

キス料理アイテム追加

ネットサーフィンしていたら「キスの炙り」や「キスの湯引き」の画像を拾った。

そうだ! キスの炙りや湯引きは簡単だし美味しいかもしれない」と思って早々にそろえたグッズがこれ

トーチバーナー

燻製ウッドにも着火できるように又卓上コンロのボンベとも共有できるこれを選んだ。

CIMG1144.jpg


ガスボンベを共有する記事はこちら新たな熱源確保

早くバーナーを使えるようにキスを釣らなくっちゃ(笑)

キスの炙りは「炙ることで、皮の下の脂が浮いてきて甘い」のだそうだ。

買うことの出来ない贅沢な一品になりそう(キスの炙りなんて売っている所を見たことないですもの・・・・)



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ



関連記事
タグキーワード
2017.04.03|コメント(2)トラックバック(-)Edit

二桁釣果を得るかと思いきや・・・・・

山サクラも咲いて一段と春めいてきた最近の陽気だが、以外にも肝心の釣果はのびなかった。

3月29日()「10匹は釣れるだろう」と思って釣行した先は先般も釣行した天神ケ尾

昨日まで時化気味だったがこの日は追い風で凪

CIMG1106.jpg

CIMG1105.jpg

今の時期からサーフでキス釣りをする人はほとんど見かけない。

事実、釣っていると

この時期からサーフでキスが釣れるわけないだろう

と言わんばかりに

何しているんだろうと思って寄ってきた

とニヤニヤしながら地元の人に揶揄される始末で・・(笑)

「サーフで投げ竿持って釣りをしていたらキス釣りに決まってるだろう。投げている所を見なかったのかい?」な~んてね(笑)

キス釣りですよ

と答えると

今年は釣れだすのが遅れているようだから釣れんだろう

と言われながら4色辺りをさびいていると一投目から「グン」とキスのアタリをキャッチ

内心しめた」と思った。

一匹掛けると私の態度はガラリと変わる(笑)

そんなもん人間の勝手な思い込みですよ

釣れますよ

もう春じゃないですか

と語気を強めて言い返す。

釣れない」と確信にも似たニタリ顔をしり目にすでに一匹掛けているのにいかにも今から釣って見せるようなそぶりで

じゃ!釣りましょうか←既に掛っているのにとぼけて・・・(笑)

とタンカを切りさびくこと数十メートル

こんな自分のパフォーマンスに笑いをこらえ

ほら掛かりましたよ

巻き上げてみましょうか

え・・・・ウン

とのやり取りで釣り上げたのがこのサイズ

CIMG1116.jpg

ね!釣れるでしょう

としたり顔の私に

俺らはそんなに遠くに投げられんからな~

とのたまう。

いいや100m位の所でしたよ

100m位投げるの簡単じゃないですか

趣味で楽しんでいるのですからその位は投げられないと面白くないしタックルもそれに見合ったものを揃えるでしょう~

等と目の前で一匹掛けてあげた強みで優勢に転じた私の口攻撃をモロに受けた地元の壮年おじさんは

色々ありがとう

頑張ってください

と言って去っていった。

しかし丘での口攻撃では優勢だったが海の中のキスさんとの攻防は優勢にコマを進めることはできず中々掛けられない。

ほんの時々アタリを拾いKeepできたのは4匹だけ

CIMG1127.jpg

しまいには投げて届く範囲でキス網も入りだし「ダメだこりゃ~」と途中で釣りを放棄して帰ってきた(笑)

CIMG1119.jpg

帰宅して早々にキスフライに仕上げるべく捌いてパン粉を付け油で揚げて「黒ゴマ入り三杯酢燻製醤油」なる釣遊オリジナル得体のしれない黒い液体をつけて食べたら超美味しかった(笑)

CIMG1129.jpg

CIMG1140.jpg

CIMG1136_20170330061022213.jpg

濃くの有るひと味違う燻製醤油の記事はこちら
キス・醤油・タクアンの燻製・真空パックをいっぺんに済ませた
魔法の調味料

今日は心なしか手足がしびれてキーボードを打つ指先が・・・・

もしかするとこの得体のしれない黒い液体を食べたせいかもしれない(笑)



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ


関連記事
2017.03.30|コメント(2)トラックバック(-)Edit

燻製アイテムを1個増やした。

今まで燻製は熱燻だけだったが「温燻もやってみよう」ということで温度計をGETしてきた。

今までの熱燻の燻製時間は、チップから煙が出始めてから感で計っていたが、温燻までやるにはやはり温度計があった方がいいだろうと思って揃えた。

鹿児島には中々なくて「ネット購入かな~」と思っていたら思いがけないところで見つけた。

CIMG1099.jpg

熱燻・温燻の温度の目安が色分けしてあるので使いやすそうだ。



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ


関連記事
2017.03.24|コメント(2)トラックバック(-)Edit
Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます