薩摩キスナビ

いよいよ終盤

久々の釣行だった。

立て続けの台風襲来  台風が去ったかと思えば海が濁り釣りにならない。加えて野暮用

ようやく日和に恵まれ釣行できたのは10月13日(土)

現地について浜に降りてみて驚いた。

恐ろしく砂が削られ土手は急峻な状態

CIMG4890.jpg

CIMG4892.jpg

CIMG4897.jpg

加えて既に放射冷却現象まで起きていた。

10月中旬  既に放射冷却現象←早くない?

と思ったりもしたが現実がそうなのだから受け入れざる得ない。

夏スタイルで行ったので寒かった~(笑)

太陽が昇り外気温があがってくると丁度いい案配なのだが今の時期の早朝の夏スタイルは寒い。

最初は降り口ら右手(入来浜)の方に行って投げてみたが殆どアタリを拾えず(波口で5匹程拾いはしたが・・・)あきらめて降り口から左手に大きく移動

左手の適当な場所に陣取り投げてさびくと3色を切った辺りで連続のアタリをキャッチ

CIMG4904.jpg

やっぱりこっちなのかな~」と思いながら投げ返すと小さいながら途切れなくアタリを拾える。

魚影の濃さは右手より左手の方がはるかに濃い。

そうこうしているとおなじみの地元のアングラー出現

更にKENZOさん その幼馴染 Tsujiさんに光山のウッチィーさん 昔からの釣り友 0さん

結局メンバーや知り合いだらけ

釣より雑談花ざかり 加えてKENZO君らの投げ練に付き合って完全な運動不足がたたり腰に痛みが・・・・(笑)

そんな中で型は小さったがそここ数は稼げた。

[広告] VPS

CIMG4922_201810141249412f0.jpg

そして翌朝(10/14)捌いたキスはフライ用に仕上げてパックし友達に配り既に無い(笑)

CIMG4925.jpg CIMG4930_20181014180746ba1.jpg

ちなみに翌日の10/14()もメンバーの方々が釣行されべらぼうな数を釣って帰られたらしい。

 自然破壊的な釣果のBBS記事はこちら (笑)

下向矢印

 画像をクリックして頂いたら記事に飛びます。

1人でこれだけの釣果ですから他のmemberが釣られた数を合計したらウヒャ~の数になったはず・・・・





あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ


関連記事
タグキーワード
2018.10.14|コメント(4)トラックバック(-)Edit

切れ藻・サバフグ・正体不明

9/27()台風が来る前に行ってみた。

まず京田

うねりがあり2.5mの波の予報だったが東風混じりだったので「何とかなるだろう」との思いからだった。

現実現地に着いてみると予報にたがわず確かに大きなうねりが立ち波口でくだけているが釣りにならないことはない。

CIMG4841.jpg

まずおりくちから左へ7-80m行った所で道具を降ろし釣り座を構え投げてみた。

投げてみたが手前2色位から藻が絡んであがってくる。

3投位して右手に移動

ここも一緒 キスが掛かっても藻の抵抗でキスのアタリがあったことさえわからない。

CIMG4846_2018092806023124b.jpg

しまいには切れ藻をひっかけたまま一色弱のところまで引き寄せてきた時、引き波の力で仕掛けに絡みついた切れ藻が引っ張られ糸の高切れを起こしておもりと天秤・仕掛けを丸ごとロス

08を使っているが「08ってこんなに簡単に切れたっけ・・・」と思わせるほどあっけなく切れた。

ここで小野浜に転進

小野浜てはまず降口の右手から投げてみたが藻は無かったものの本命のアタリは一回も拾えずサバフグサバフグ・サバサバサ~の状態

CIMG4847_20180928060230754.jpg

釣れてこない時はマルマル針がなくなっている。

左手も全く同じ状況だった。

ここであきらめて帰ればいいものを未練たらしく「そうだ!二潟のハシゴを見に行こう。ハシゴを使ってサーフに降りると聞いたが、そこまで削れたサーフはどんなんよ」と思い立ったのはよかったが・・・

二潟では先客の帰りがけに会い「釣れましたか?」と聞くと「15匹くらい」と仰せになる。

竿を出さないで帰ろうかな」とも思ったが「せっかくここまで来たのだから試しに投げてみるか」と思い直し見た目やばそうなハシゴを恐る恐る伝わって降りそこから右手に50m位行った所に釣り座を構え投げてみた。

CIMG4852.jpg

一投目から4色位の所でアタリを連続で捉え藻がかかる様子もない。

CIMG4851.jpg

ここいいんでないかい・・・」と思って何回か投げ返してみたが今度は砂ズリからちぎってしまう幽霊に遭遇

3回交換して投げてみたが全部スナズリからなくなってあがってくる。

こんな使い古しのスナズリを好んでちぎるツワモノは何よ?」と思いながら新しいスナズリと仕掛けをセットして投げると今度は力糸の真ん中へんからプッツン

気持ちがいい程、非常に軽やかにプッツン 

カ〇〇で興味本位に800円弱で買って結んだユニチカの力糸だったが、おろして一回目で「さようなら」に終わってしまったあまりに愛想の無さには苦笑いしか出なかった。

何か知らんが釣れないし、トラブル続きだし悪魔の微笑の日だな~」と思いながら11時頃納竿

釣れたキスはこんだけ・・・・

CIMG4857_20180928060224b9f.jpg

台風が切れ藻を連れ去ってくれたら仕切り直だな。

それにしても傷んではいたものの作りそのものはしっかり作られたハシゴ

おかげさまで使わせていただいた事には感謝するが、ハシゴを作ってまで浜に降り、釣りをしようとする心意気の持ち主にはキスもかなわんと思った。



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ

関連記事
2018.09.28|コメント(2)トラックバック(-)Edit

にぎわう京田

9/23()京田に釣行した。

鹿児島キス釣りフォーラム」のメンバーTOGO・MrKNさんらと現地集合の約束をしていた。

彼らとは何回となく上手くかみ合わずすれ違っていたが今回こそは釣ってもらえる事を願っての同行だった。

待ち合わせ時間は現地AM6時

私が着いたのが6時少し前だったが後を追っかけるように彼らも到着

私が現地に着いた時は既に先客がいるようで車がとまっており浜に降りてみるとヘッドライトを照らして竿を振っておられた。

すごいな~」と思いながら「おはようございます」と声をかけて通り過ぎ3名で適当に釣り座を構えた。

結果的にはその場所が一番よくTOGOさんらは最初から最後までその場所で釣り釣果を伸ばしておられた。

それにしても夜が明けるとともにビックリする位にゾクゾク釣り人が浜に降りてくる。

この浜に通って相当永いが見知らぬ顔ばっかし・・・・

そうこうしていると今度はフォーラムのメンバーさんも次から次に顔を出し始めた。

CIMG4818.jpg MrKN CIMG4820_20180923205139590.jpg CIMG4823_20180923205137481.jpg CIMG4824.jpg CIMG4826.jpg

TOGO・MrKN・Hit・Qハンター・光山のウッチー・風来坊各氏と私  合計7名

結局、地元の顔なじみ2名を加えて9名になった。

鹿児島キス釣りフォーラム(KKF)メンバー一覧はこちら
KKFメンバー

打ち合わせをしていたわけでもないのに「思うことは一緒なのかな~」と思い投げていたが、如何せん切れ藻がはびこりすごく釣りづらい。

吹上浜47㌔全体に広がっているらしく投げるたびに仕掛けに絡みつきやりにくかったが、それでも藻の薄い所に投げてさびくと小型ながら連でついては来る。

CIMG4822_2018092320521853c.jpg

さすが魚影の濃い吹上浜のなせる事だ。

趣味を楽しんでいる時間は短い。頭の中は空っぽ ややっこしい浮世のこと等どこ吹く風 そんなもん知らんわ(笑)

だからいいのだ。 つ  り  は・・・・・ 

何処の国の人なのか知らないがロイ・キリークと言う人が難病を患い、死を覚悟したが魚釣りに出会い、その魅力に取りつかれやがて医者が驚くほどの回復をみせ、その時に吐いた言葉が

魚釣りという病気は死ぬまで治らない難病であると共に人生という難病を治療する特効薬でもある

だそうで感覚的に何となくわかる気がする。

ここに集まったメンバーの釣りパターンはおおよそわかっている。時間と伴に各人各様の仕切り時間とともに納竿して帰っていかれたが、その中でも意外だったのが光山のウッチーさん

私が納竿したのは午後3時前後だったがまだ竿を振っておられた。太陽に照らされ海風にさらされ 77歳・元気バリバリだ(笑)

趣味を楽しむとはこれでなくっちゃいかん。見習わなきゃ・・・」と思いながら目じりの片隅にウッチーさんの姿を確認しながら帰路に着いた。

私が多くを語るよりその姿から学ぶべきものはある。

TOGO・MrKNさんは40匹位・Hitさんは短時間に良型混じりで60匹位・ハンターさんは数えきらない程keepし恐らくウッチーさんもそこそこの釣果だっただろうと推測

風来坊さんは16ℓのボックスが満タンになるまで帰らない人

私らが納竿した時はまだ竿を振っておられ納竿する気配は全くなかったので恐らく満タンにして帰られたのだろう。

私の釣果はこんだけ・・・・

CIMG4831.jpg

今回は嬉しいことにこのまま貰ってくれる人がいて電話したらそそくさと取りに来た。

たすかったわ~

そうでなかったら今頃はヒィヒィ言いながらキスを捌いていたかも・・・・(笑)


あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ

関連記事
タグキーワード
2018.09.23|コメント(10)トラックバック(-)Edit
Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
グロースファクター 薄毛対策