正面風の中で1時間半程投げてきた。 - 薩摩キスナビ

正面風の中で1時間半程投げてきた。

1/28(

潮周りは大潮


大潮では釣りずらいのでは・緩い潮周りがいいのでは」と書いたことがあったが、ここで大潮でも釣れる事を体験・実証できたので、過去のその記事情報は無視して頂きたい。

午前11時頃から午後12時30分頃まで

向かい風が強く風波も立ち海面は白波だらけ

IMG_2590.jpg

ジグも飛ばないし風で押し返されるし流されるし散々

真っすぐ投げてもあがってくるのは右か左か

とんでもない所からあがってくる。

真っすぐあがって来たことは一回もなかった。

夕方にかけて風が強まり、日中はそこそこいけるのでは」と思っての釣行だったが、思いのほか日中から強く、投げずらいのなんのと・・・

着いた直後は何人かのアングラーがおられたか、すぐ退散され浜は見渡す限り貸し切り(笑)

そんな中2匹釣れたので、これ幸いとばかしにトットと納竿

IMG_2589.jpg 
風の強い日に浜に立っていると妙に疲れる。

今度は穏やかな日に行く。

そして後処理は、一匹の片身を炙りにし、その他は後で調理できるように三枚におろしてストック

foodpic9272320.jpg

foodpic9272321.jpg

foodpic9272318.jpg

調理の仕方はネットで幾らでも出てくるので、その中から自分好みの方法をチョイスする予定

三枚におろした時、骨に残ってしまった身をスプーンでこそぎ取り、刺し身醤油でもかけて食べる。

刺し身の変形バージョン

結構な量だ。

foodpic9272319.jpg

この工程をふむと頭と骨を捨てるだけで殆ど無駄がでない。

ギャング顔ながら、雰囲気に似合わず美味しい魚だわ!

1864 (2)どう見たってギャング顔

悪顔 

仏顔には見えないよね~

人は見かけによらない」という
言い回し」があるが、魚の世界もそうなのかな~(苦笑)




あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ

2021.01.28|コメント(3)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

今日は、あまり知られていない釣り方の紹介を

いいサワラですねー。強風の中でナイスです。サワラの炙り旨そーう。

2021-01-31 01:41 from ヒラシマコウジ | Edit

No title

コメントを入力ください

2021-01-31 01:43 from ヒラシマコウジ | Edit

Re: Re: 今日は、あまり知られていない釣り方の紹介を

> > いいサワラですねー。強風の中でナイスです。サワラの炙り旨そーう。

コメントありがとうございます。
以降も宜しくお願い致します。

2021-01-31 04:07 from 薩摩釣遊

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます