次元の違う名人とカリスマとの出会い - 薩摩キスナビ

次元の違う名人とカリスマとの出会い

3/24()富山の渡木名人が来鹿

頴娃で一緒に釣ることに

昨年、来鹿されたおり頴娃の釣り場のロケーションのすばらしさと釣れて来るキスが吹上のそれとは一味も二味も違っている事を説明したら「是非行きたい」との希望を示しておられた。

それが今回実現

時期的には早いのだが、何せ富山と鹿児島という距離的なハードルがあるので名人の都合のつく時でないと具合が悪いこともあり今回いく事になった。、

おいらはジギング

IMG_2683.jpg

3月初旬に美味しい思いをしたので2匹目のドジョウ狙い(笑)

その記事はこちら今期初ブリGet

当然、彼の頭の中には頴娃でひとしきり釣り、それから吹上浜で竿を出して富山に帰る予定になっているはず

待ち合わせ場所は文化会館横の駐車場

時間は午前6時

6時少し前に着いて荷物を降ろしていると間もなく名人到着

さすがにキス釣り名人気合が入っている(笑)

遠投をするつもりらしくタングステンのシンカーを取りだしておられたので「やめたほうがいいよ。今年は砂が削れて至る所に岩が露出しどこで根がかるかわからなくなっている。過去のデーターは全くあてにならないから・・・」と忠告し、浜に降りた。

頴娃に来るのはこれで2回目らしく今から降りる所からは初めてとの事

開聞岳を背負った顔肌をひんやりとなめる朝靄の早朝の頴娃のサーフ

永年見慣れている光景といいながら飽きないロケーションだ。

渡木名人も一瞥して思わず「きれいだ!!」と

IMG_2652.jpg

浜に降り仕掛けを投げて根がかりそうな場所とそうでない場所はジギングでaboutわかっていたのでその説明をしてさ~第一投

IMG_2672.jpg

IMG_2673.jpg

IMG_2674.jpg

おいらもジギングタックルを組み立て投げることに

でも

しかし

やっぱり

投げども投げどもキスからのシグナルを拾えないらしく心が折れそうな気配がチラ見しているおいらに伝わってくる。

予定調和とはいてもそれを見ているこちらもつらい。

まだ魚が接岸していないことはわかっているから  知っているから・・・でも一匹でもいい。掛かってくれ~アタリをくれ~」と本当に思っていた。

一応ジグを投げてはいるが気はキスの方に・・・・(苦笑

名人は浜村海岸から高取海岸の奥まで投げて回るもアタリを拾えなかったらしくUターンして当初の場所に帰ってこられたのは何時頃だったか・・・・

見ててつらいものがあるが如何ともしがたい。

吹上に転進しようか?吹上だったらなんとかなるよ」と会話しながら当初の場所で投げてさびいていたら待望のアタリをキャッチしたらしく仕掛けを巻き上げてめでたく早春キス一匹をGet

悪くない型だ。

IMG_2675.jpg

内心本当にホットした。

それから投げ返しを繰り返し何匹追加したかな~

合計何匹位だったか?

数じゃないのだ。

釣れずらい・釣れないことは百も承知

釣れたことに大きな意義がある。

よかった~('ω')ノ

それで納得して今度は吹上に転進

昼過ぎに吹上に着いてそこで投げてもやはり超早春のキス釣りは厳しいものがある。

いかな魚影の濃い吹上浜でもそうそう思うようには釣れない。

一喜一憂しながら遊んでいると渡木名人にきゃお♀さんから電話があったらしく「きゃお姉さんが仕事帰りにここに寄るそうだよ」とおっしゃるので来られるのを待って釣り場で落ち合い夕方に納竿

S__19783702.jpg

この日は頴娃での釣果と吹上浜での釣果の合計で何匹だったか?

ツヌケしたんだっけか?

それから日が明けて3/25(

おいらは野暮用で同行できず名人は帰路につく直前まで吹上で投げ倒す予定だったのだが早朝ショートメールが

見るときゃお♂さんから「うちの嫁が名人にチャレンジすると言って合流すべく吹上に行ったわ」との事

138.jpg

えぇぇぇなになに名人に挑むのかい!すごい根性してるね~」とメールを交換したあと名人に連絡を取ると「きゃお姉さんから地元をなめるなよ~と言われ今頑張っています」と笑いながらの返答

S__19800089.jpg

S__19800091.jpg

電話をした時の勝負の具合はどっこいどっこいどっこい状態らしかったが、おいらは先を急いでいたので結果は後ほど聞くことにして彼らの様子はここまで・・・・・

その後、名人に結果を聞いてみると「ハンディ―を与えて私が負けました。闘争心がすごいですよ」と笑いながら返答

ま~横綱も勝ちっぱなしじゃないですからね。そんな時もあら~な」とやり取りしたが、きゃお♀さんの「負けました~」の改めての連絡で実際の釣果は名人が倍の数を釣られたらしい。

173.jpg

2021年3月25日

そうではあってもおいらの気持ちはきゃお♀さんに軍配を上げたい気分

きゃお♀さんそのチャレンジ精神立派だよ!!

渡木名人もきゃお♀さんを「きゃおねーさん」と親しみを込めて呼んでおられる。

みんなで仲良く楽しく交流できてものすごくうれしい気分だ。

また静岡のキス釣りの申し子早坂神様も来られるだろうからその時がくるのが楽しみでもある。

タイミングがよければハンターさん・KENZOさん・ミルさん・北さん各ご夫婦も混じってくれるはず

近々5月の連休にはまた来鹿される予定になっている。

今度は家族連れ

中学生の男子のお子さんがいらっしゃるようでジギングに熱心でおやじより詳しいとの事

その話を聞いておいらは思案し図った。

この前釣ったブリを釣らせることはできまいかと・・・・

万が一にも釣れたら息子君の脳裏から一生離れられない経験をつくれる。

インパクトのある経験をさせたい。

頴娃は4・5でも可能性があるとかないとかの風評を聞いているので、その図り事が実現可能かどうか自分の楽しみも含めて検証がてら今一時は通う予定でいる。

ところで日は変わり3月26日()に楽しみと検証を兼ねてマタマタジギングで頴娃に行った。

場所は甘い汁を吸った場所(

夜明け間もなくから投げ始めた。

最初はポッパー

頴娃の海を見たらなぜかしら最初はポッパーを投げたくなる不思議な気分になる。

ブリ君ボコッと出て来い。食いつけ~」と念じつつ投げるが・・・・・

反応がないので「今度はミノーを・・・」と思いルアーを変えようとモゾモゾしているその時に「あれ~!!どこかで見かけた御仁が・・・

そう!!

芸能人並みに有名な人

その名は「ヒラメハンター」の異名を取る堀田 光哉さん

釣でメシを食べているプロアングラーなのだ~

あら~堀田光哉さんじゃありませんか おはようございます。今日は取材ですか?」と声をかけると「はい!そうです」とおっしゃる。

カメラマン一人を連れての釣行のようだ。

カメラマンの方が「話していてください。私はドローンを飛ばしていますから」とおっしゃるので何分か立ち話した。

取材が始まったら邪魔はできないので別々に釣りを続けていたが、取材が終わったら又2人でダベリTime(笑)

ああじゃこうじゃ「ジギング2年生だの・どこそこで釣ったのか?あのサーフはヒラメ狙いの人は入ったことがないはずだよ。行ってみたらいいですよ。吹上でいい画が撮れましたね。ユーチューブで拝見しましたよ。あれ何日目で撮れたんですか?サーフジギングの開拓者らしいじゃないですか!おかげで楽しんでます。ハマってます。ありがとう」とか他愛のない事をダラダラと・・・・・

内心「おれが入ったポイントはプロアングラーの目でも美味しいポイントなんだな~だからここに来たんだ」と思うと「まんざらおいらのポイント選別も捨てたもんじゃないな~」と思ったりなんかしたりして(笑)

まだここで粘りますか?」と彼が話を振ってきたので「はい!何時状況が変わるかわからんから・・・」と会話し「私らは別の所に取材で移動します」と

それから粘る事数時間

何も足さず何も引かず」の状況が続き納竿したのは何時だったかな~

いずれにしても最近いいことが続いている。

渡木名人とも再会できたし、プロアングラーの堀田さんとも面識ができた。

頴娃の場合一年を通して大体〇〇の時期がいいようですよ。実際自分でも掛けているし・・・」「また来ます。その時会いましょう」と会話して別れたので再会できるチャンスはあると思う。

サーフジギングの先駆者として啓蒙活動もやっておられるはずなのでチャンスがあれば色々教えてもらいたい。

ブログに貼る事も含めて同人の同意を得て撮った画像がこれ

IMG_2681.jpg

IMG_2679.jpg

一時は頴娃に通うがキス釣りシーズンinまじか

キスの最新情報はきゃお♂&ハンターさんから提供して戴くとして、とりあえずは自分の楽しみも含めて渡木名人のご子息への「ビックリ箱」が可能かどうか検証に励む。

新たな出会いもあったし、皆でワイガヤの時期も近い

元気で楽しいシーズンを過ごせますように



編集後記

サーフジギングを覚えてドップリはまってしまっている。

ちまたでは「も~キス釣りやらないんじゃない?」等とささやかれているようだがイヤイヤやめないやめない(笑)

じゃ~何時から始めるのよ」と問われれば「4月の後半からか?5月の連休位から・・・」と

昔から「キス釣りは88夜から」と言い伝えられているので、それにならおうと思っている。

立春から数えて88日目(春から夏に変る節目の日

大体5月の連休辺りにかかるはずだ。

キス釣りを始めたころの5月の連休あたりは普通に100匹()釣れていたが、近年それもなくなった。

ではあるが、切り替えのタイミングとしてはこの時期を考えている。

せっかく覚えたサーフジギング

これはこれで楽しまなくっちゃ・・・・(笑)




あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ




2021.03.27|コメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます