出会えなかった。 - 薩摩キスナビ

出会えなかった。

9/19()サーフジギングで浜村海岸に行ってきた。

ネイゴ狙いだ。

昨年から考えていたことでようやく行けた。

この日の海況は、穏やかながら濁りが入っていて荒れた後の痕跡が消えていない状況

ではあるが、ジギングでは「濁りがあっても釣れる」という認識だが実際はどうなんだろう?

着いたのは夜明け直前だった。

サーフに降りてみると既に10人弱位のアングラーさんが投げておられ

IMG_3236.jpg

IMG_3238.jpg

皆、暗いうちから頑張っておられた様子

おいらは、丁度皆さんの真ん中あたりに陣取りとりあえず投げてみた。

IMG_3241.jpg

左手の若いお兄ちゃんが弓角で小さな何か(名前がわからん)掛けて揚げておられる。

何という名前の魚なんだろう」と思いながらチラ見しながら投げる事数回

おいらのジグにもアタリがあり、巻き取って揚げてみるとお兄ちゃんと一緒の魚

次もアタリを拾えたが掛からず

恐らく同じ魚かと・・・・

沖合を眺めると大きなナブラを確認できたので「寄ってこないかな~」と期待しながら投げ返すがアタリと釣果はこれだけで、肝心のネイゴとは巡り合えそうにない空気感

それにしても釣った平べったい小魚(名前を教えてもらったが忘れた)を触ったら背びれに刺されて独特の痛みをともう出血

この魚は毒を持っていたのじゃないかな~」と思いながらもガマンできない程のものじゃなかったのでほっといたらそのうちに痛みは消えた。

隣のお兄ちゃんに「この平べったい魚は毒をもっているんじゃないんですかね~」とたずねてみたら「YES」だって・・

やっぱな~」と思いながらも大したことじゃなかったので一安心(画像を撮ればよかった)

山育ちのおいらとしては、海に関することは今だもって無知なことが多く、思わぬところでお粗末なほころびを露呈してしまった(苦笑)

当然再チャレンジのつもりじゃあるが、とりあえずは早坂神と渡木名人の酒のアテを確保すべくキス釣り再開

そのめぼしがついたらまた行く予定

やってみて思うに、サーフジギングは交通事故的要素が強い気がしている。

人間社会の交通事故は当然「起こしちゃいけない」「起こすべきじゃない」事柄だが、この場合は「好ましい交通事故」になる。

好ましい交通事故気の利いた造語がうかばない(涙)

魚が回ってこない事にはどうにもならない。

おいらがいる時間と場所にはネイゴが回ってきた様子は無く、その気配も予感もなかった。

今の所はその平べったい魚がウロウロしているのだろう。

地元の人に聞いてみると「ネイコもボツボツ釣れてるよ」とおっしゃっていた。

チャンスをつかんで釣ってみたいもんだ。

できればカンパチクラスのネイゴを・・・・(笑)

続きがあるけど書き込みはしばしお待ちを・・・・



あなたの1クリックが当ブログの栄養源
             ↓
   人気ブログランキングへ

タグキーワード
2021.09.20|コメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © 薩摩キスナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます